2020年 9月 20日 (日)

「デトックスのゴールデンタイム」午前中はこう過ごす【ストレスを吹き飛ばせ!在宅de腸活(4)】

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   J-CASTトレンドと、うんち記録アプリを運営するウンログ(東京都渋谷区)・長瀬みなみさんが腸の調子を整えるための情報を全6回で、動画と文章でお伝えするシリーズ。

   第4回のテーマは「うんちを出すための午前中の過ごし方」。大切な3つのポイントを踏まえ、起床から仕事開始までにやっておきたい「腸が喜ぶ行動」を紹介する。

  • 「うんちを出すための午前中の過ごし方」
    「うんちを出すための午前中の過ごし方」
  • お腹の調子を確認し、状態を把握することで食べ過ぎを防止
    お腹の調子を確認し、状態を把握することで食べ過ぎを防止
  • 腸を冷やさないようホットドリンクを選ぶのがよい
    腸を冷やさないようホットドリンクを選ぶのがよい
  • 便が固い場合は熟したフルーツがおすすめ
    便が固い場合は熟したフルーツがおすすめ
  • 「うんちを出すための午前中の過ごし方」
  • お腹の調子を確認し、状態を把握することで食べ過ぎを防止
  • 腸を冷やさないようホットドリンクを選ぶのがよい
  • 便が固い場合は熟したフルーツがおすすめ

通勤の手間が省けた分「体の声」を聞いて

   長瀬さん曰く、午前中は「デトックスのゴールデンタイム」。寝ている間に腸が動いて作られた便がスタンバイしている状態のため、「午前中にぜひうんちを出してほしい」と言う。そのためには (1)在宅勤務でも生活リズムを崩さない、(2)「体の声」を聞く、(3) 「ゆっくりよく噛んで食べる」など、腸をはじめとした消化器官の準備運動が重要だ。これらを踏まえ、長瀬さんが実際にやっている過ごし方を見てみよう。

・朝は決まった時間に起き、日光に当たる

・お腹のチェック
お腹の調子次第で一日の食事を調整。自分の状態を把握することで食べ過ぎを防止できる

・まず一杯の白湯を飲み、その後は朝ごはんまで30分ほどあける
ゆっくり時間をかけて白湯を飲むのがポイント。すると朝食までの間に胃腸が動いて、消化機能を活発にしてくれる。朝ごはんはよく噛んで、しっかりと食べることが大切だ

・ラジオ体操で1日の準備運動
○長瀬みなみ(ながせ・みなみ)
ウンログ株式会社うん広報部員。腸活うんち専門家。
東京生まれ、便秘育ち。幼少期から便秘に悩まされ、不遇な青春時代を過ごすが、自身の便秘解消をきっかけに、腸の健康に真剣に向き合うようになる。ベンチャー企業で広報業務を経験後、2018年にうんち記録アプリ「ウンログ」の広報を立ち上げ、現在では腸活特化型ユーチューブチャンネル「ウンTube」の運営など、誰でも続けられる毎日の観便と腸活を提案する腸活うんち専門家として活動している。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!