2020年 7月 4日 (土)

地震多発...今、被災したら 新型コロナ対策「3密回避」避難所でどうやって

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   地震が多発している。ウェザーニュースによると、2020年5月4日から11日にかけて計3回緊急地震速報が発表された。

   自然災害で住居に大きな被害が出た場合、避難所での生活が選択肢となる。だが今は、新型コロナウイルスの感染リスクが懸念される。万一の場合、どのような対策が考えられるか。

  • 新型コロナウイルス流行中、災害が発生したら?(画像はイメージ)
    新型コロナウイルス流行中、災害が発生したら?(画像はイメージ)
  • 新型コロナウイルス流行中、災害が発生したら?(画像はイメージ)

手指消毒は必須、居住区域では土足厳禁に

   20年5月11日朝9時前に茨城県沖で発生した地震では、茨城県水戸市や千葉県旭市で最大震度3を観測した。テレビからは緊急地震速報が鳴り響き、ツイッターには11日朝、「地震大丈夫」「地震警報」「地震の予言」などといったワードがトレンド入りした。多くの人が不安を募らせている。

   自然災害では、感染症が心配だ。厚生労働省は公式サイト上で、「災害時における避難所での感染症対策」を公開している。災害時には感染症の拡大リスクが高まり、とくに避難所での衛生状態の維持が重要だとしている。そこで、基本的な手洗いや咳エチケットが大切。しかし、流水で手洗いができない場合も考えられる。その際はアルコールを含んだ手指の消毒薬を使用するよう推奨している。

   避難所では他人と共用するトイレも、衛生管理が必要となる。トイレ内で汚染された履物から感染が広まる恐れがあるため、居住区域では土足厳禁。使用前後には便座を拭く、手洗い場とトイレはなるべく近くに設置するなどだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!