2020年 5月 30日 (土)

マスク「値崩れ」起きてきた 最安値サイトで調べたら「1枚11円」

印刷

   品薄や価格の高騰が続いていたマスクだが、ここにきて風向きが変わってきたようだ。マスクの最安値を調べているウェブサイトを見ると、価格は明らかに下がってきている。

  • マスクの価格が下がってきた
    マスクの価格が下がってきた
  • マスクの価格が下がってきた

連休明け直後は1枚33円、その後値下がり続く

「マスクも一時の半値くらいまで下がってきたなぁ」
「もうそこらにマスク売ってるな。値段下がってるし」
「マスク一気に安くなってる」

   ツイッターでは、このような投稿が散見される。J-CASTトレンドの20年5月7日の記事「『マスク買えた』『飽和状態』報告 スーパーとドラッグストアの販売状況は」でも、記者が神奈川県内の薬局6店舗中4店舗でマスクの販売を確認している。実店舗での入荷が、徐々に進んできたようだ。

   InSync(大阪市)が提供するウェブサービス「マスク通販最安値.com」からも、価格が下がってきている様子がうかがえる。これは、マスク1枚あたりの通販在庫価格の最安値を探せるサイトだ。20年5月7日にスタートし、毎日1枚あたりの安値を定点観測してきた。

   サービス開始日の5月7日には1枚あたり33円だったが、8日は31円、9日には29円と毎日下落しており、10日には25円を記録した。そして12日、記者が調べた朝10時ごろには最安値が1枚11円にまで下がっていた。

   日刊スポーツ(電子版)2020年5月11日の記事によると、東京都内でマスク「1箱(50枚入り)1963円(税別)と、ついに2000円を割り込んでいた」という。これでも1枚40円近いが、「一時はネットで1箱(50枚入り)1万円以上に相場が高騰」というから、値崩れを起こしているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!