2020年 6月 2日 (火)

お尻スリスリ、お腹ブラブラ...ゲーム感覚で「うんち体操」【ストレスを吹き飛ばせ!在宅de腸活(最終回)】

印刷

   J-CASTトレンドと、うんち記録アプリを運営するウンログ(東京都渋谷区)・長瀬みなみさんが腸の調子を整えるための情報を全6回で、動画と文章でお伝えするシリーズ。

   最終回は、子どもから大人までゲーム感覚でできる「うんち体操」。体のゆがみを改善し、リラックスできるアクティビティーだ。呼吸が深くなり、副交感神経も優位になるため、腸のぜん動(食べ物を胃から十二指腸、さらに奥に進める腸管の運動)を活発にしてくれる。

  • ゲーム感覚で楽しめる「うんち体操」
    ゲーム感覚で楽しめる「うんち体操」
  • 体幹を鍛えるエクササイズの効果も期待できる「うん呼吸」
    体幹を鍛えるエクササイズの効果も期待できる「うん呼吸」
  • 複数人で「うんち体操ゲーム」を行う時のルール
    複数人で「うんち体操ゲーム」を行う時のルール
  • 「うんち体操ゲーム」の様子
    「うんち体操ゲーム」の様子
  • ゲーム感覚で楽しめる「うんち体操」
  • 体幹を鍛えるエクササイズの効果も期待できる「うん呼吸」
  • 複数人で「うんち体操ゲーム」を行う時のルール
  • 「うんち体操ゲーム」の様子

簡単な「4つの動き」を楽しく毎日続けよう

   長瀬さん曰く「腸活は小さなことでも毎日続けるのが結果を出す近道。そして、継続のためには楽しむことが必要不可欠です」。家で動画を見ながら、楽しく続けてみよう。

・お尻スリスリ
凝り固まっているお尻をほぐして全身の強張りを緩め、リラックスする。お尻の下の方に手をあて、細かく上下に1分程度動かす。左右とも行う。

・お腹ブラブラ
体の中心軸にお腹を回し、お腹周りの筋肉を柔らかくする体操。この時、手を体の中心で忍者のように「ニンニンポーズ」すると軸を固定しやすい。全身がグラグラしないようお腹だけを回すようにするのがポイント。

・蹲踞(そんきょ)ブーブー
いわゆる「うんちんぐスタイル」の姿勢。つま先と膝の向きを揃えてしゃがもう。そのまま立ち上がると貧血などを起こす恐れがあるため、一度お尻をついてから立ち上がる方が安全だ。

・うん呼吸
両手を挙げて鼻から息を4秒吸い、8秒かけて手を下げながら息を吐く。吐くときは「うんちを出すこと」をイメージするとなおよい。
○長瀬みなみ(ながせ・みなみ)
ウンログ株式会社うん広報部員。腸活うんち専門家。
東京生まれ、便秘育ち。幼少期から便秘に悩まされ、不遇な青春時代を過ごすが、自身の便秘解消をきっかけに、腸の健康に真剣に向き合うようになる。ベンチャー企業で広報業務を経験後、2018年にうんち記録アプリ「ウンログ」の広報を立ち上げ、現在では腸活特化型ユーチューブチャンネル「ウンTube」の運営など、誰でも続けられる毎日の観便と腸活を提案する腸活うんち専門家として活動している。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!