2020年 8月 10日 (月)

flumpool、「Real」
失って初めて気づいたこと

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   タケ×モリの「誰も知らないJ-OPOP」

   失って初めて分かる事がある、ということに気付かされる日々が続いている。今まで当たり前のように出来ていたことが出来なくなる。それがいかに大切な事であるかを思い知らされる。2020年は、そんな年になっているのではないだろうか。

   5月20日に発売されたflumpoolの丸4年ぶりの新作アルバム「Real」は、バンド生命を左右する逆境を克服したアルバムとなった。

  • 「Real」(A-Sketch)
    「Real」(A-Sketch)
  • 「Real」(A-Sketch)

声が出なくなってから丸1年

   flumpoolは、ヴォーカルと作詞の山村隆太、ギターと作曲の阪井一生、ベースの尼川元気、ドラムの小倉誠司。関西出身の4人組。3人は幼稚園からの幼馴染。2008年に配信シングル「花になれ」でデビューした。

   デビューアルバム「Unreal」は、アルバムチャート2位。その年にデビューした新人の中で傑出した存在だった。翌年には武道館二日間も経験、紅白歌合戦にも2009年から3年連続で出演した。2013年には台湾の世界的な人気バンド、五月天とも共演。共作のシングルも発売、2016年には台湾やシンガポールでも公演している。

   そんな順風満帆に見えた中で山村隆太が「歌唱時機能性発声障害」で歌えなくなり活動を休止したのは2017年の12月だった。

   治療に専念するために丸々一年のブランクを経て制作されたのが新作アルバム「Real」である。

   バンドの中心メンバーが歌えなくなった時に、どう思ったか。筆者が担当しているFM NACK5の番組「J-POP TALKIN'」のインタビューで、阪井一生は「絶望やなと。flumpoolは終わったと思いました」と言った。

   当事者の山村隆太はこうだ。

   「もう駄目だと思いました。月に一回リハーサルで集まって歌ってたんですけど、どんどん出なくなって行って。絶望的。諦めてました。一段ずつでも階段を昇り始めたかなと思えるようになったのは半年以上経ってからですね」

   その間、どんなことを考えていたのか。アルバム「Real」には、そんな日々のことが率直に、それこそ「Real」に綴られている。アルバムタイトルの「Real」は、レコーディングに入る前には決まっていたという。

   「デビューした時は、僕らのこと、曲のエピソードやストーリーを誰も知らない。今は、真逆。声が出なくなってバンドを諦めかけた4人の等身大の『Real』を知ってくれている。零点になった自分たちのことを歌おう。それは作る前に決めてました」(山村隆太)。

タケ×モリ プロフィール
タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーティスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!