2020年 11月 24日 (火)

コロナ不安だけど美容院行きたい... 「マスク着用したまま散髪」サロンの工夫

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   全国で緊急事態宣言が解除され、各地で人出が増え始めた。ツイッターには外食や美容院を久々に利用した人たちの投稿が複数見られる。

   中でも美容院はサービスの都合上、客とスタッフが近距離で長い時間接する必要に迫られる。そのため客とスタッフ双方に「マスク着用必須」と定めている店舗もあるが、マスクをした客のスタイリングは難易度が高そうだ。新型コロナウイルス感染対策と従来通りのサービス提供を、どう両立させているのか。

  • 「luludi by APHRODITE GINZA」公式サイト
    「luludi by APHRODITE GINZA」公式サイト
  • 左から、普通にマスクを着用した様子、ゴムひもをクロスさせて耳にかけた様子(写真はイメージ・記者撮影)
    左から、普通にマスクを着用した様子、ゴムひもをクロスさせて耳にかけた様子(写真はイメージ・記者撮影)
  • 「luludi by APHRODITE GINZA」公式サイト
  • 左から、普通にマスクを着用した様子、ゴムひもをクロスさせて耳にかけた様子(写真はイメージ・記者撮影)

もみあげ周りも処理しやすくなる「ひと工夫」

   東京・銀座にあるヘアサロン・ネイルサロン「luludi by APHRODITE GINZA」はスタッフ・客全員のマスク着用が必須だ。同店舗を運営するティーツーエー/APHRODITE GROUP(東京都中央区)の代表取締役・谷澤泰介氏によると「カットやカラー、パーマなど施術内容に関係なく、お互いにマスクをつけた状態で対応」している。顔周りの毛をカットする時はやりにくそうだが...。

「マスクのゴムひもをクロスさせ、バッテンにして耳にかけてもらう(画像2)と、もみあげ周りのスタイリングもしやすいですね。このポイントに気付いてからは特に不便なくやっています。施術後にマスクが汚れていたら、無料で新しいものと交換しています」

   洗髪時は客にマスクを外すかどうか選んでもらっているが、外した場合でも医療用ガーゼを客の顔面に乗せたうえで「おしゃべりはしない」などの工夫を凝らし、飛沫飛散防止に努めているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!