2021年 8月 1日 (日)

ドアノブは肘で、扉はタックルして開ける コロナに過敏な「触りたくない人たち」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

直接触らないための便利グッズも

   どうしてもドアノブやつり革などに触れるのが怖い人には、直接的な接触を防止するグッズがある。

   製造・加工メーカーのヤマキン(大阪府堺市)が2020年5月30日から予約受け付けを開始する「SAWARANTOTTE(さわらんトッテ)」。

   アクリル材をカットしたアシストフックで、ドアの開閉やエレベーター、自販機のボタン、電車やバスなどの公共交通機関の吊り革に引っ掛けるなどして使用する。あらゆる場所を触れずに利用でき、コンパクトで持ち運びも便利。

   使用後は、手を洗う際に石鹸やハンドソープを使って一緒に丸洗い可能だ。価格は980円(税込)。

   紙を使って接触を防ぐ方法もある。美濃和紙メーカーの丸重製紙企業組合(岐阜県美濃市)が運営する和紙専門店「Washi-nary」では、非接触グッズ「介紙」を販売している。

   茶道などで使う「懐紙」を一回り小さくしたもので、紙1枚を手のひらに当て、紙を「介して」ドアノブやつり革を触ることで接触感染を防ぐ。紙には「抗菌成分配合の美濃和紙」を使用している。無地のものと、疫病退散の意味のある六芒星の透かし模様の入った2種類があり、それぞれ介紙のみのタイプと、懐紙入れが付いているものがある。

   価格は、無地の介紙のみが350円(税抜、以下同)、ケース付きが500円。模様入りの介紙のみが400円、ケース付きが550円。それぞれ30枚入り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!