2020年 10月 27日 (火)

浜田省吾「ON THE ROAD2011」
音楽に出来ること、音楽だから得られること

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」

   「ライブの記憶」というのは単にコンサートだけのものではない。何年何月何日にその場にいた。その時に自分がどういう生活をしていたのか、どういう人間関係だったのか、そして、世の中の様子はどうだったのかという記憶と結びついた「存在の記録」でもある。

   そういうことも含めて、改めて思い出すのが2011年のことだ。

   言うまでもなく東日本大震災があった年である。3月11日、午後2時46分を境にして音楽を取り巻く状況は一変した。交通機関も止まり、電源が失われ、CDは生産できなくなった。更に、日々の暮らしが放射能汚染という見えない恐怖にさらされることになった。

   「こんな時に音楽をやっていいのか」「こういう時だからこそやるべきではないのか」。3月以降に行われる予定だったコンサートツアーは軒並み中止や延期を余儀なくされた。

  • 「ON THE ROAD2011・The Last Weekend」(SME、ROAD&SKY提供)
    「ON THE ROAD2011・The Last Weekend」(SME、ROAD&SKY提供)
  • 「ON THE ROAD2011・The Last Weekend」(SME、ROAD&SKY提供)

2011年が思い起こされるいま

   浜田省吾のアリーナ・ツアー「ON THE ROAD2011・The Last Weekend」は、そんな緊迫した空気の中でスタートした。彼らの選択は「こういう時だからこそやるべきだと思う」だった。

   音楽が少しでも励ましになれば、ささやかでも希望につながれば、そして、総勢100名を超すコンサートスタッフの生活もある。それはメディアの力に頼らずコンサートツアー一筋に生きてきたアーティストの使命感を強く感じさせるものだった。

   ツアーの初日は、余震と計画停電が続く4月16,17日、静岡エコパアリーナ。それ以降、翌年に延期された宮城公演と追加されたさいたまスーパーアリーナのチャリティー公演を加え2012年6月まで続いた12都市37公演は、すべて演奏時間が3時間40分を超え、4時間に及ぶことも少なくなかった。

   浜田省吾の2011年のツアー「ON THE ROAD2011・The Last Weekend」が、あの年に行われた全てのコンサートツアーの中で特別な意味を持っていたのは、そうしたスケジュールや規模だけではない。むしろ、その内容にあったと言っていい。

   公にこそしなかったが、デビュー35周年という区切りを意識したと思われる内容は、彼のキャリアを網羅したベストアルバムのような選曲だった。彼の代表曲「J-BOY」のクラブミックスをオープニングにライフテーマと言える「ON THE ROAD」で始まった前半には80年代の若々しくエネルギッシュなロックが並び、中盤ではスタンダードになっているラブソングのバラードを聴かせる。そして、後半に続いた社会性の強いロックの締めくくりとなったのが82年のアルバム「PROMISED LAND~約束の地」に収録された「僕と彼女と週末に」だった。

   「この星が何処へ行こうとしてるのか もう誰にもわからない」と歌い始められる、台詞入りの壮大なバラード。海辺を散歩して体調不良を感じたカップルが翌朝、砂浜に打ち上げられた夥しい魚の死体を目にする、という約12分に及ぶラブソングは、連日報道される原発事故のニュースと重なり合った。

   歌の中の世界が現実になっていることをどう受け止めればいいのか。固唾を呑んだように聴き入る客席の緊張感が、アンコールのロックンロールで堰を切ったように解放されてゆく。そんなカタルシスに溢れた陽気さは、これまでに感じたことのない歓喜を伴っていた。

   音楽に出来ること、そして、音楽だから得られること。本編の最後となった「家路」の「どんなに遠くてもたどり着いてみせる」という歌詞は、そのままコンサートスタッフも含めて会場にいた全ての人の願いであり気概のようだった。「やる側」も「見る側」も超えて同じ時代を生きているという共感。全会場同行取材した筆者が、一万人近い観客の万感の思いの大合唱に涙したのは一度や二度ではなかった。

   あらためて2011年のことが思い起こされるのは、2020年のこの状況がそうさせていることは言うまでもない。

タケ×モリ プロフィール
タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーティスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!