2020年 10月 31日 (土)

コロナと自転車 疋田智さんは「条件つき」でツーキニスト増に期待

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   バイシクルクラブ7月号の「燃えよ!自転車オヤジ」で、疋田智さんが新型コロナ禍と自転車について論じている。今後、通勤手段としてさらに人気が高まるのではと。

   サイクリング愛好者の月刊誌。版元の枻(えい)出版社によれば「ロードバイク、マウンテンバイクで走ることを楽しみたい人に贈る硬派なスポーツバイク専門誌」となる。

   TBSプロデューサーの疋田さんは自転車ツーキニスト(通勤者)を名乗り、1999年のデビュー作『自転車通勤で行こう』以来、その方面の著作が多い。NPO法人「自転車活用推進研究会」の理事でもある。

   自転車通勤を四半世紀も続ける疋田さんだが、ご多分にもれずコロナ対策でテレワークが増え、出勤はしばらく週2日だったという。ちなみにTBS本社は港区赤坂にある。

「だからね、こういうときにこそ、自転車に乗りたいわけだ。運動不足を解消するしね、自転車は3密じゃないしね、ほぼ悪いことはないよ」

   しかし「なにかはばかられる」疋田さん...なのだ。

「買い物自転車ならまだしも、(趣味の)ロードバイクに乗ってると『このご時世、不謹慎だ』と社会から糾弾される。少なくともそんな気がする。これはわれわれ民族のホントに悪い癖だと思うけど、いったん我慢しよう、となると、すぐに『欲シガリマセン勝ツマデハ』...『とにかく我慢だ、誰だひとりで勝手に楽しんでるのは』になってしまう」
  • 日本でも自転車通勤が広まるか
    日本でも自転車通勤が広まるか
  • 日本でも自転車通勤が広まるか

フランスの優遇策

   ここで疋田さんは、4月末に共同通信が配信したパリ発のニュースを紹介する。外出制限の解除を控えたフランス政府が、国民に自転車利用を促す政策を約23億円かけて実施するという内容。家で眠っている自転車を使おうとする人々に、チェーンやブレーキなどの補修費を50ユーロまで補助し、無料の運転講習も用意するという。

「大規模とはいえないが、話の方向性は正しい。ポストコロナをにらんで『公共交通の密集具合は限界だから自転車を』と...要するに『メトロ(パリの地下鉄)には元のようには戻れない、だからクルマに』とならないように、自転車を優遇するというわけだ」

   「悪くない。日本だって(特に東京)そうだ。考えてみれば、あの満員電車の方がそもそも異常だった」と書く疋田さんは、仏政府の施策に賛同しつつ、日本でもさらに自転車通勤が広まることを期待する。ただし、先駆者としての注文も忘れない。

「じつはひとつだけ大注意項目がある。それはこれまで以上のセーフティ。つまり事故を起こさないことだ。何かやって病院に医療負担をかけることがないように。それこそがわれわれに課せられた義務だ」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!