2020年 10月 22日 (木)

ソフトボール日本代表・山田恵里「先生」 「金メダリスト授業」で高校生にエール

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   ソフトボール女子日本代表の山田恵里選手が2020年6月18日、新型コロナウイルスの影響で全国高校総体(インターハイ)が中止になった高校生にエールを送る「明日へのエールプロジェクト」の企画、「オンラインエール授業」に講師として登場した。

   入部したての1年生に、引退試合を来月や再来月に控えている3年生と、全国の高校ソフトボール部の男女が技術やメンタルにまつわるさまざまな質問をぶつけた。山田選手は真剣な顔つきで言葉を探し、身振り手振りを交えて説明。1つ1つの問いかけに大きくうなきながら応じていた。

  • ソフトボール女子日本代表の山田恵里選手が「オンラインエール授業」講師として登場
    ソフトボール女子日本代表の山田恵里選手が「オンラインエール授業」講師として登場
  • ソフトボールに打ち込んでいた高校時代の山田選手
    ソフトボールに打ち込んでいた高校時代の山田選手
  • 笑顔で高校生たちと話す山田選手
    笑顔で高校生たちと話す山田選手
  • ソフトボール女子日本代表の山田恵里選手が「オンラインエール授業」講師として登場
  • ソフトボールに打ち込んでいた高校時代の山田選手
  • 笑顔で高校生たちと話す山田選手

いかなる時でも「目標を常に持ち続けて」

   高校時代、インターハイで2連覇を達成した山田選手。冒頭「自分の原点は高校時代」と振り返り、当時の基本練習の反復が今の自分に繋がっていると話した。

   こうした気づきや経験を踏まえ、山田選手が繰り返し大切だと訴えかけたのが「目標を常に持ち続けること」。京都在住の高校3年生から、「地元で50日後に行われる大会に向けたモチベーションの持ち方」について問われると、山田選手は「京都大会での目標は何ですか?」と逆質問。「京都一になること」という返事を受け、こう答えた。

「毎日同じ練習を繰り返していると、目標を見失ってしまったり、忘れてしまったりします。どんな練習をしていても『京都で一番になる』という思いを持ち続けること、勝つために今何が必要で、自分やチームがどういう状態かを理解しながら1日1日の練習を進めていくのが大切です」

   また山田選手は、金メダルを手にした2008年の北京五輪後に競技が五輪から外れたことで「燃え尽き症候群になって、気持ちが入らず競技をやめようと思ったことも正直あった」と明かした。インターハイが中止になった今年の高校生たちと同様、「目標を見失って苦しんだ」過去があったからこそ、目標を設定して取り組む重要性やソフトボールができる喜びを知ったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!