2020年 9月 24日 (木)

イマドキJKは父親といい関係 「パパ」と呼び一緒に「テレビや動画を見る」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2020年6月21日は「父の日」だ。LINE(東京都新宿区)は、父の日にあわせて「令和時代の高校生と父親との関係について」調査を実施。20年6月17日に結果を公表した。

   調査から、今どきの高校生の父親との接し方が見えた。

  • LINEリサーチが「令和時代の高校生と父親との関係について」を調査(画像はイメージ)
    LINEリサーチが「令和時代の高校生と父親との関係について」を調査(画像はイメージ)
  • LINEリサーチが「令和時代の高校生と父親との関係について」を調査(画像はイメージ)

「ほとんどしゃべらない」は、男女ともに8%未満

   対象者は、高校1年生から3年生の男女で、有効回答数は1041件。

   まず、父親のことを何と呼んでいるか。最多は、女子は「パパ」の47.7%、男子は「お父さん」の35.5%だった。女子の中には、2%と少数ではあるが、父親を愛称で呼ぶといった回答もあった。一方で、男子には「愛称で呼ぶ」は皆無で、「ちょっと」「あの」など、名前以外で呼ぶとの回答が4.5%あった。

   父親との会話の種類は「日常生活に必要なあいさつ、お願い、感謝の言葉」が最多で、女子80.5%、男子68.9%だった。また、女子の4割近くは「その日あった出来事の『事実』だけではないことを詳しく話す」(感情など)と回答したが、男子は3割にも満たなかった。「ほとんどしゃべらない」との回答は、女子6.8%、男子7.5%だった。会話の内容については、男女ともに「勉強のこと」(女子59.7%、男子53.1%)が最も多かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!