2020年 8月 15日 (土)

レジ袋「無料」続けます 吉野家、ケンタッキー、セイコーマートの真意

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

店内の長時間滞在を防ぐ

   日本ケンタッキー・フライド・チキン(横浜市)も、全国の店舗でバイオマスを30%配合したレジ袋の無償提供を継続していく。広報担当者に聞くと、環境面、利便性、安全の確保を理由に挙げた。

   同社では中長期的にプラスチック撤廃へと動いている。レジ袋有料化のタイミングで、まずは袋から環境に優しいものに切り替えることにした。フライドチキンなど商品は揚げ物で、紙袋や持参の布袋に入れると油が染み出して持ち帰りにくいため、レジ袋は必要だと話した。

   また、新型コロナの影響も大きいと明かした。

「お客様もスタッフもマスクをしながらの会話は聞き取りにくく『レジ袋いりますか』との確認作業で店内に滞在する時間が長くなってしまいます。感染の危険も高まるため、安全を守るということも含めて判断いたしました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!