2020年 8月 13日 (木)

子どもが減り続ける日本 西原理恵子が元厚労官僚にぶつけるリアル

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!
trend_20200722202718.png
少子化問題を語り合う西原理恵子さん(左)とゲストの今別府敏雄さん

   「鍋から目線」で世の中の問題を議論する「火鍋チャンネル」。今回から元厚生労働省政策統括官の今別府(いまべっぷ)敏雄さんをゲストに迎え、再スタートをきった。

   火鍋店の元代表、青山浩さんと今別府さんとの出会いは24年前にさかのぼる。当時、官僚を目指していた青山さんが官庁訪問をした際、面接にあたったのが青山さんと同じ灘高OBの今別府さんだったという。

   ところが、青山さんは筆記試験で不合格。採用を担当していた今別府さんは、灘高の後輩を積極的に採用していたが、「試験に落ちた人はさすがに採用できなかった」と苦笑する。「24年前の出会いは今日のこの席のためですよ」と言う青山さんの乾杯で、火鍋談義はスタートした。

キーワードは「希望」

   この日のテーマは「人口問題」。厚労省時代に今別府さんが取り組んだ課題だ。日本の出生数は山本一郎さんや青山さんが生まれた1973年(210万人)をピークに減少し続け、2019年にはとうとう90万人を割った。

   青山さんが、「なぜ子どもをつくらない・つくれない人が増えていると思いますか」と聞くと、「ひと言で言えば『希望』なんですけどね」と今別府さん。火鍋チャンネルでもたびたび話題になるワードで、青山さんも「やっぱり」とうなずく。

   今別府さんが担当した「厚生労働白書」のテーマは、まさに「人口減少社会を考える」(平成27年度版)だった。その中で鍵となるのが「希望出生率」だ。子どもが欲しい人の希望がかなった場合に見込める出生率のことで、既婚率や未婚率などに、理想の子どもの人数を掛け合わせて算出すると「1.8」となる。「人口を維持していくには希望出生率を上げなきゃいけない。だから希望が必要だと。(白書は)そういう結論だった」と今別府さん。

   では、その「希望」が持てないのはなぜなのか。この後の西原さんと今別府さんとの会話が面白い。女手一つで2人の子どもを私立大学に通わせている「当事者」たる西原さんと、「大所高所」から人口問題を俯瞰する今別府さん。議論はかみ合うのか......? 続きはYoutube「火鍋チャンネル」で!

漢方食材のうまみたっぷり!本格的な火鍋をご家庭で
2色のスープが堪能できる専用鍋セットも

【小羊肥オンライン】http://direct.hinabe.net/



【ワンクリック投票】

ゲスト:今別府敏雄(いまべっぷ・としお)
1981年に厚生省(現厚生労働省)入省。内閣参事官、厚生労働省保険課長、同省医薬食品局長などを歴任。退官後は企業の顧問や取締役を務める。灘高校出身で青山浩さんの先輩。
西原理恵子(さいばら・りえこ)
漫画家。1964年高知県生まれ。武蔵野美術大学卒。88年、週刊ヤングサンデー『ちくろ幼稚園』でデビュー。代表作に『ぼくんち』『毎日かあさん』など。母から娘に向けた生き方指南『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』は30万部のベストセラーに。ほか、『りえさん手帖』『ダーリンは74歳』など著書多数。青山浩さんとは一緒にFXに挑戦したり、ネットの魚屋「サイバラ水産」でタイアップするなど旧知の間柄。
公式サイト:http://toriatama.net/

山本一郎(やまもと・いちろう)
情報法制研究所 上席研究員。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。IT関連のコンサルティングやコンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査を手掛ける。介護と育児の「Wケア」に奔走しつつ文筆活動もこなす。著書に『ネットビジネスの終わり(Voice select) 』『ズレずに生き抜く(文芸春秋)』など。
公式ブログ:https://lineblog.me/yamamotoichiro/

青山 浩(あおやま・ひろし)
株式会社小肥羊ジャパン元代表取締役。1973年大阪府生まれ。東京大学法学部卒。2005年、株式会社ウェブクルー代表取締役社長を経て06年小肥羊ジャパンを設立。勲五等タイ王冠勲章の受勲経験も持つ謎の実業家。何モノかは、西原さんによるウェブ漫画『青山浩と西原理恵子の太腕繁盛記』(https://note.com/xfy_saibara)に詳しい。
中国火鍋専門店 | 小肥羊(しゃおふぇいやん)
http://www.hinabe.net/
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!