2020年 8月 6日 (木)

緊急事態宣言下で初産経験した女性の物語 家族に頼れずひとりぼっちで

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   新型コロナウイルスの感染再拡大が、東京都だけでなく各地で深刻化してきた。この最中に出産を控える妊婦が2020年7月21日、女性向けウェブ掲示板「ガールズちゃんねる」で不安を吐露した。8月に初産予定で、夫や家族のサポートを必要としていたが「コロナ禍で立ち会いどころか妊婦以外の来院も禁止されている」。一度入院したら退院まで家族に面会できないそうだ。

   J-CASTトレンドは神奈川県在住で、4月下旬に同県内の病院で初産を経験した女性に取材した。緊急事態宣言から間もなくのことで、完全面会謝絶、看護師を介した荷物の受け渡しもできず、「足りない物があっても、なかなか補給しようがなく厳しかった」と語った。

  • コロナ禍で家族の支えなく「1人で出産」(画像はイメージ)
    コロナ禍で家族の支えなく「1人で出産」(画像はイメージ)
  • コロナ禍で家族の支えなく「1人で出産」(画像はイメージ)

家族に会えない!入院時に持ち込むべきものは

   女性がまず話したのは「飲み物を多く持つべきだった」ということだ。1日に2リットルは水分摂取を言われたが、食事の際にコップ1杯ついているだけで、あとは自分で調達しなければならなかった。そのため「水か、ノンカフェインのお茶の2リットルペットボトル数本とコップを入院時に持ち込むのがよいと思う」。

   また病院から「お産セット」として、産じょくショーツ、授乳用ブラジャー、産じょくパッド、おしりふきなど、入院時に必要な衛生用品一式を支給されたが、こちらも「補給できないことを踏まえて、多めに持っておくべきだった」と振り返る。「コロナが不安で、コインランドリーなど他の入院者との共有物を使うのが怖く、洗濯できませんでした。そのためパッドを貼って汚さないよう気を付けながら、同じショーツを2、3日繰り返し履くしかなかった」という。

   加えて、使い捨てマスクを複数備蓄し、入院予定の病室の雰囲気や備品に関する情報を事前に仕入れておくことを勧めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!