2020年 11月 26日 (木)

「デング熱」日本にいても発症 高熱に吐き気...5年前は国内で100人感染

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   シンガポールが感染症の「二重苦」に見舞われている――時事通信社が2020年7月26日に伝えたのは、新型コロナウイルス感染拡大に加え、蚊によって媒介する「デング熱」も大流行している状況だ。シンガポール国家環境庁が「今年のデング熱感染者数は2013年に記録した過去最多(2万2170人)を上回るだろう」と警告しているという。

   デング熱は日本にとって決して「対岸の火事」ではない。2014年には東京都渋谷区の代々木公園でデング熱のウイルスを持つ蚊が見つかり、感染者数が100人を超えて全国に広がった。日本国内で罹患する恐れもあるのだ。

  • デングウイルスを持っている蚊に刺されることで感染する「デング熱」
    デングウイルスを持っている蚊に刺されることで感染する「デング熱」
  • デングウイルスを持っている蚊に刺されることで感染する「デング熱」

昨年も海外渡航歴ない10代男女が発症

「目の奥が痛くなったのと頭痛もひどくかったです。吐き気や寒気もすごくて、羽毛布団にくるまって寝ていました」

   14年にデング熱にかかり、入院したタレント・紗綾さんの体験談だ。同年8月21日に「王様のブランチ」(TBS系)のロケで代々木公園を訪れて虫取りをした際に、蚊に両足を33か所、手も数か所刺され、1週間後に38.8度の高熱が出た。「毛細血管が内出血しちゃって、脚全体が真っ赤に腫れ上がる感じ」、「手のひらは真っ赤になって倍ぐらいの大きさになった」と、つらい症状が出るようだ。

   国内での過去の感染については、厚生労働省の公式サイトに情報がまとめられている。14年以降は、16年に「海外から帰国した方がデング出血熱を発症し、死亡する事例が発生」したとある。直近では19年にも「国内でデング熱に感染したことが確認された患者が報告」された。海外渡航歴がない10代の男女で、2人は同じ学校に通っていた。発症後、都内の医療機関に入院し、どちらも1週間前後で無事に退院している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!