2020年 9月 24日 (木)

大阪知事会見受け、うがい薬「買った」人1割未満 購入者の家族「恥ずかしいからやめて」と悲鳴

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2020年8月4日、吉村洋文大阪府知事が新型コロナウイルス対策として「ポビドンヨード」成分を含むうがい薬の使用を、会見で呼び掛けた。直後から、うがい薬を買い求める人がドラッグストアなどに殺到する騒動となっている。

   これを受け、日本トレンドリサーチが8月6日「うがい薬」に関するアンケート結果を公表した。発表資料には「事前調査にて、吉村知事が会見で『うがい薬の成分「ポビドンヨード」で新型コロナウイルス感染症の治療効果が期待できることを確認した』と発表したことを『知っている』と回答した男女」460人(男女230名ずつ)が対象とある。実際にうがい薬を「買った」人はどの程度いるのか。

  • 吉村洋文大阪府知事の発言を受けて「うがい薬を買おうと思った」?
    吉村洋文大阪府知事の発言を受けて「うがい薬を買おうと思った」?
  • 吉村洋文大阪府知事の発言を受けて「うがい薬を買おうと思った」?

うがい薬入手できたのは「2.0%」

   まず、吉村知事の発言を受けて「うがい薬を買おうと思ったか」。実際に買えたかどうかではなく、うがい薬を買うための具体的な行動をしたかを調べると、内訳は「思った(20.2%)」、「思っていない(79.8%)」となった。ほとんどの人が買おうとは思わなかったようだ。

   では実際に買おうとした人はどれだけいるのか。前問よりも更に差が開き、結果は「した(9.1%)」、「していない(90.9%)」に。「買おうと思った」ところから、購買行動を取るまでには壁があったようだ。ただ、買おうとした人全員が目的を達せたわけではない。「『ポピドンヨード』を含んだうがい薬を買いましたか?」という問いに対して「買った」と答えた人は、460人中わずか2.0%だけだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!