2020年 10月 29日 (木)

豪雨や大地震でも避難所行かない人たち 新型コロナ感染に熱中症が心配

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   いま大きな災害が起きたら、あなたは避難所へ行きますか、それとも...。

   2020年7月、熊本県をはじめ九州地方では豪雨で甚大な被害が出た。新型コロナウイルスが感染拡大する中での避難となった。しかし、災害発生時、避難所には行かない、と考える人も増えているようだ。

  • いま災害が起きたら避難しますか?(画像はイメージ)
    いま災害が起きたら避難しますか?(画像はイメージ)
  • いま災害が起きたら避難しますか?(画像はイメージ)

水や非常食よりもマスクに除菌グッズ

   ホームセンター事業を手掛けるDCMホールディングス(東京都品川区)は20年7月23日~26日、「コロナ禍における防災アンケート」を実施した。対象者は283人。

   新型コロナの影響で、避難所へ行くことへの抵抗感が強まったかとの問いに約7割が「強まった」と回答した。「新型コロナウイルス感染拡大の中で災害が起きた場合、どのような避難行動をしますか」には、「そのまま自宅で待機する」(48%)、「車中泊をする」(10%)、「親戚や知人宅で待機する」(2%)と、合わせて6割が避難所に行かないとの結果だった。

   この人たちは、どんな防災グッズ新たに備えようと考えているか。質問に対して、日頃からの備えの有無にかかわらず、「マスク」と「アルコール除菌」のグッズが最も多く、「水」「非常食」「モバイルバッテリー」などの生活必需品を上回った。

   J-CASTトレンドは、20代から50代の男女6人に、今、災害が起きたら避難所に行くか、今後準備したいグッズは何かを聞いた。

   まず、同居人がいる回答者だ。

   40代女性は、「家にペットと高齢者がいるから、自宅がある程度無事で住める状態ならとどまる。コロナの感染が怖いのと、酷暑で避難所にいたら熱中症になりそう」と話す。備えたいグッズはマスクを挙げた。「必要だと思いつつ、今は薬局に普通に売っているからストックしてなくて...」。

   30代女性は、「子どもが感染したら怖いので自宅待機」。新型コロナがなければ、避難するだろうとも。家にはすでに食料や水、マスクの備えがあり、買い足す予定はない。

   50代男性も「避難しない派」という。

「家の周りに大きな川もないし、人が密集する体育館などに移動して感染するリスクのほうがこわい」

と話した。食料や水の備えは用意したいが、マスクはストックが1箱あるため、それ以上はいらないとした。

ひとり暮らしだと在宅避難は心細いと20代女性

   ひとり暮らしの人はどうか。

   20代女性は、「ひとりで不安なので、避難すると思います」。感染リスクは心配だが、心細さから人がいる場所に行きたくなると明かした。数日分の食料は備えているが、マスク、手指を消毒できる除菌グッズ、熱中症の対策グッズを新たに買い足したいという。

   「避難しない」という別の20代女性は、懐中電灯が欲しいと話した。20代男性も「避難準備だけはしておいて、家にいる」。二人とも、新型コロナの感染を恐れての判断だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!