2020年 10月 22日 (木)

新型コロナで仕事減のクリエイターに活躍の場を 「オンライン花火大会」で仕掛ける

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新型コロナウイルスにより、多くの事業者が経営面で苦戦している。不況の影響で、創造・表現することを生業とする「クリエイター」も、活動の機会が減っている。

   そうした活動の「場」自体を創造しようと奔走するクリエイターがいる。若手実力派の映像作家・手描きドットアニメーターの山下諒さんだ。2020年10月4日にユーチューブ上で開催する「クリエイターオンライン花火大会」を企画。初のイベント主催にかける思いを取材した。

  • 映像作家の山下諒さん
    映像作家の山下諒さん
  • 山下さんと、ジェイ・キャストのマスコットキャラクター「カス丸」
    山下さんと、ジェイ・キャストのマスコットキャラクター「カス丸」
  • 映像作家の山下諒さん
  • 山下さんと、ジェイ・キャストのマスコットキャラクター「カス丸」

仕事はしていたけど「一銭も入らなかった」3月

   山下さんはこれまでに、人気テレビアニメ「ポプテピピック」の中に登場するゲーム風映像や、歌手・小林幸子さんが19年11月にセルフカバーした「ポケットにファンタジー」のミュージックビデオ制作に携わってきた。東京造形大学在学中から大学祭や卒業制作などで数々のアニメーションを手がけており、リアルイベントを通じて得る「人の縁」に助けられてきたという。

   しかしコロナ禍で、各種イベントが延期・中止を強いられ、仕事の機会を失ったフリーランスのクリエイター仲間が苦しんでいると語る。

   売り上げが減っているのはクリエイターに発注する側も同じだ。山下さんは、クリエイター仲間から「企業が広告に用いる画像や映像制作の依頼を、あまりもらえなくなった」とよく聞く。それ以上に「置かれた状況が厳しく、かわいそう」と感じているのが、卒業校の在校生たちだ。多くの人が集まる芸術祭や講義の多くがオンライン開催になり、人との接点を持ちにくくなっていると耳にする。

「こうなると就職やビジネスのチャンスをなかなか見いだせない。しかも大学へ行けないと学内に保管してある、制作に必要な機材が使えません。個人で買うには高額な機材が多いのです」

   舞台俳優のようなリアルな活動の場が必要な職業に比べれば「お金を生み出す機会がある」と話す山下さん自身も、仕事をしていたにもかかわらず「今年の3月は一銭も入りませんでした」。支払い時期の関係もあったが、依頼数や、生み出した作品を多くの人に見てもらう場が減った影響があるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!