2021年 9月 21日 (火)

10月でも熱中症になる 車内温度は日差しで50度超え、子どもが危ない

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

車の鍵は子どもに持たせずに保護者が管理

   消費者庁は公式サイト上で、真夏でなくても車内での熱中症に注意するよう呼びかけている。とくに、子どもを車内に放置することは危険だ。

   子どもは体温調節機能が未発達なため、体に熱がこもり体温が上昇しやすい傾向があるという。同庁は、前述したJAFの実験結果を引用し「たとえ数分であっても、車内に子どもを残すことは絶対にしないように心がけてください」と、短時間で一気に温度が上昇する車内での熱中症のリスクを指摘している。

   子どもが自分で車の鍵を閉めて車内に閉じ込められる事故も起きている。「車の鍵は子どもに持たせずに保護者が必ず管理しましょう」と消費者庁。

   総務省消防庁によると、徐々に気温が下がり始めた20年9月28日~10月4日でも、全国で180人が熱中症で医療機関に救急搬送されている。環境省が「熱中症予防情報サイト」で公開している「過去の傾向から見る熱中症リスクカレンダー」を見てみよう。15~19年の5年間のデータによると、10月の日中でも熱中症の「厳重警戒」を示している日が多数ある。「厳重警戒」レベルは、すべての生活活動で熱中症が起きる危険性があり、外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する必要があると定義されている。

   たとえば19年10月、愛知・大阪・高知・鹿児島・沖縄の5県合わせて15日間、厳重警戒レベルの日があった。とくに沖縄県は10月下旬まで厳重警戒レベルが続いた。

   涼しくなるこれからの季節でも、安心はできない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!