2021年 7月 31日 (土)

■秋華賞「カス丸の競馬GI大予想」 
デアリングタクト無敗3冠なるか

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

カスヨの大穴候補は

   カス丸 うーん、でも本命◎はパラスアテナだじぇい。本当に勝てるきゃすう?

   カスヨ この馬はね、春のクラシック路線を歩まずに、こんど初めてデアリングタクトに挑戦するのよ。ここ2年は今回のデアリングタクトのように、アーモンドアイ、クロノジェネシスとオークスからの直行組が勝ち星をあげているんだけど、やはりトライアルレースを使った馬のほうに魅力があるのよね。パラスアテナの前走はね、紫苑ステークス(GIII、中山、2000メートル)よ。内枠が有利なコースなんだけど、不利な大外枠だったわ。でもね、道中は中団のポジションで、見事に2着に入ったから器用さがあるわね。京都競馬場は土曜日に天候が悪化するから、レースのある日曜日はパンパンの良馬場にはならないはずよ。これまで6戦してきたんだけど、5戦が稍重の競馬だったから、道悪はお手のもの。馬場が味方をする可能性も考えられるわ。しかも、GIIIに昇格してから、紫苑S組は好成績を上げているから、穴狙いのわたしとしては一発の期待にかけるってことね。

   カス丸 ふーん、パラスが来たら大穴だじぇい。爺の対抗〇は春にも活躍したミヤマザクラだじぇい。

   ガジュマル爺 ミヤマザクラもカスヨが嫌いなトライアルレースをスキップした組じゃ。ぶっつけ本番というデアリングタクトと同じような不安材料を抱えておるんじゃが、秋華賞で良績が目立つディープインパクト産駒じゃ。この馬はなんといってもデイリー杯クイーンカップ(GIII、東京、1600メートル)の勝利が光っておる。というのも、秋華賞は弛みのない展開が多いんじゃ。つまりレース途中で息がぬけないんじゃ。スピードとスタミナが必要ということじゃ。クイーンカップは距離が違うんじゃが、スタートから1ハロン12秒を切るようなペースで進んだレースを見事に2番手追走で勝っておるのは展開が合っておるということじゃ。しかも京都コースは、昨秋に京都2歳ステークス(GIII、芝2000メートル)で2着の実績じゃ。この馬にはぴったしということじゃな。

   カス丸 カスヨさんの対抗〇は、クラヴァシュドールだよ。この馬も春に活躍したじぇい。

   カスヨ そのとおりよ。この馬のいいところはね、どんな競馬でも上位に来ることなのね。前走のローズステークス(GII、中京、2000メートル)はスローペースに合わずに5着だったけど、秋華賞はさっき爺が言ったようによどみのないペースとなることが多いから、この馬には合うと思うわ。鞍上も継続騎乗であるところが魅力ね。

   カス丸 秋華賞は荒れないレースというイメージがあるけど、昨年は10番人気のシゲルピンクダイヤが3着になったように、ときどき人気薄の馬がくるじぇい。今年の穴馬候補はどんなのがいるきゃすう?

   ガジュマル爺 わしはまず、▲リアアメリアじゃ。前走のトライアル、ローズSではびっくりしたんじゃが、春の競馬と違って2番手でレースを進めて、きっちり勝ったんじゃ。2歳のころから、クラシックを期待された馬なんじゃが、いつも後方から追いこんでくる競馬ばかりで、昨冬の阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神、1600メートル)、桜花賞、オークスのGI3連戦では敗戦続きだったんじゃが、この悪い流れを断ち切ったわけじゃ。前走のように、デアリングタクトよりも前で競馬をすれば、ひと泡吹かせる場面も十分あるはずじゃ。父はディープインパクトで母は2013年のGIブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ勝ちのあるリアアントニアと血統は超一流じゃからな。 次は、サンクテュエールじゃな。デビュー戦を勝った後は重賞レースばかりを使ってきた実績馬じゃ。春は牡馬相手のシンザン記念(GIII、阪神、1600メートル)勝ちがある。オークスでは大外の18番枠で、ゲートを出てから終始後方でレースをしておらんかった。本来は中団より前めでレースを運べる脚質なのも今回は魅力じゃ。こちらも、ディープインパクト産駒。デビューから、クリストフ・ルメール騎手が手綱を握り続けているのも強みじゃな。最後にオークス3着のウインマイティーじゃ。前走の紫苑Sは外枠(17番枠)が響いたのか、2番人気で6着。それでも、4コーナー12番手から押し上げてきた脚は見どころがあったわい。やや重馬場の忘れな草賞(オープン、阪神、2000メートル)を勝っておるから、少々の馬場の悪化も苦にしないところがいいんじゃ。

   カスヨ わたしは、まずマルターズディオサよ。実績がありながらも春のクラシックでは掲示板(5着以内)にすら載らなかったわ。でもね、前走の紫苑Sを勝利して見事に復活したわ。次にオークス2着のウインマリリンよ。鞍上は父親(横山典弘)→息子(武史)への乗り替わりになるけど、春の勢力図が変わらなければ馬券内に入る可能性は高いわね。最後はミスニューヨーク。この馬の魅力は鞍上ね。今年2月のGI、フェブラリーステークスで16番人気ケイテイブレイブを2着に持ってきた、長岡禎仁ジョッキーに期待、というところね。

   カス丸 うーん、いろいろいるじぇい。でもここは、歴史的3冠を見てみたいきゃすう。欠点の少ないデアリングタクトが本命◎だじぇい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!