2020年 11月 25日 (水)

魔裟斗「ものづくり」では感覚を信じる タイル貼りと花束作りで見事な出来栄え

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京都は2020年11月3~4日、「ものづくり・匠の技の祭典 2020」を開催する。これに先立ち10月14日、元K-1キックボクサーの魔裟斗さん(41)が、同イベントのプロモーションとして都内2箇所で「匠の技」に挑戦した。

   魔裟斗さん同イベントで、昨年に続き祭典サポーターを担当。なお、「ものづくり・匠の技の祭典」は新型コロナウイルスの流行により、2020年はオンラインのみの開催となる。

  • 花束作りを体験した魔裟斗さん
    花束作りを体験した魔裟斗さん
  • タイルの裏側にセメントを塗り付ける魔裟斗さん
    タイルの裏側にセメントを塗り付ける魔裟斗さん
  • フォートフレームアートに取り組む魔裟斗さん
    フォートフレームアートに取り組む魔裟斗さん
  • 匠の指導の下、花束作りに挑戦する魔裟斗さん
    匠の指導の下、花束作りに挑戦する魔裟斗さん
  • 見事、花束が完成!
    見事、花束が完成!
  • 花束作りを体験した魔裟斗さん
  • タイルの裏側にセメントを塗り付ける魔裟斗さん
  • フォートフレームアートに取り組む魔裟斗さん
  • 匠の指導の下、花束作りに挑戦する魔裟斗さん
  • 見事、花束が完成!

迷いなくタイルを扱い、テキパキと作業を進め「匠」も絶賛

   この日、魔裟斗さんが最初に挑んだのは「タイル貼り」。東京・調布の深大寺にほど近いタイル店「Tile Style 深大寺」を訪れた。「匠」の座間亮一さんからの指導を受けつつ、「模擬壁」に対して壁塗りの要領でセメントを塗り付けた上で、自らが切り出したタイルを貼り付ける作業を体験した。

   作業中、魔裟斗さんは垂れ落ちそうになるセメントを上手にコテで塗り上げると、10センチ角のタイルを、目地(3ミリ)を意識しつつテキパキと貼付。タイルの大きさが合わない箇所では、道具を使って自ら切り出したタイルを貼り付けた。その際に匠から、道具の使い方が初心者とは思えないと絶賛された。終始、迷いのない作業ぶりで周囲を驚かせた。

   タイルが固着するのを待つ際、魔裟斗さんは写真立てのフレームをタイルでデザインするフォトフレームアートにも挑戦。装飾用のタイルを選ぶと要領よく接着剤を塗布し、やはり迷いなく、次々とフレームにタイルを貼り付けた。

   その後、模擬壁に貼り付けられたタイルが固着すると、作業を完成させるべく、今度は目地にセメントを塗り込む作業を開始。3ミリ幅の目地に滑らかにセメントを塗り込むと、模擬壁全体を拭いてタイルの表面についたセメントを除去し、完成させた。

   作業を終えた魔裟斗さんは、

「目地の幅を3ミリに保つのと、タイルを切る作業が難しくもあり、楽しかった。また、タイルを貼る姿勢は中腰なので、1日中、仕事で行うのであれば相当な重労働だと感じました」と振り返った。特にタイルの切り出しについては、「あれこれ迷うより、感覚に従ってやってみた方が上手にできると思いました。思い切り良く行ったことで、逆に上手くいったのでは」

と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!