2020年 11月 25日 (水)

「iPhone12」ブルーが公式イメージと全然違う? 「ウェイボー」で物議の画像

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   「公式イメージの色と全然違う!」。こんな報告が相次いでいるのは、新型の「iPhone12」ブルーカラーだ。

   中国最大のSNS「ウェイボー」では、予約受付が開始された2020年10月16日に実物が手元に届いたと思われるユーザーが、開封動画や写真などを投稿している。しかし、その色味の違和感から物議を醸しているようだ。

  • アップル公式サイトで公開されているブルーカラーのイメージ
    アップル公式サイトで公開されているブルーカラーのイメージ
  • 「ウェイボー」に投稿されている実物の写真(画像はスクリーンショット)
    「ウェイボー」に投稿されている実物の写真(画像はスクリーンショット)
  • アップル公式サイトで公開されているブルーカラーのイメージ
  • 「ウェイボー」に投稿されている実物の写真(画像はスクリーンショット)

「iPhone12とそっくりなブルーカラー」にゴミ箱が

   米アップルが公式サイト上で公開している「iPhone12」のブルーカラーは、暗めの色合いの薄い青色といったイメージだ。ところが、「ウェイボー」上に投稿されている画像を見る限り、実物とされるiPhone12のブルーカラーは明るく濃い青色といった印象。

   「ウェイボー」上では「(実物と写真の)差がひどすぎる」、「買いたかったのに、なんでこんなに安っぽいの?」と否定的な声が相次いだ。10月21日には「#iPhone12蓝色」という言葉が1度「ウェイボー」のトレンドワード1位になった。

   さらには、ゴミ箱など似たような色の物の画像が次々と投稿され、一時「iPhone12とそっくりなブルーカラーを探せ!」という一種の「祭り」状態となっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!