2020年 11月 27日 (金)

サングラス型のウェアラブルオーディオ「Bose Frames」 ボーズ

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   各種音響機器を扱うボーズ(東京都港区)は、ウェアラブルオーディオ「Bose Frames Tempo」「Bose Frames Soprano」2モデルを2020年10月29日に発売する。

  • 光から目を守り、同時に音を着られる
    光から目を守り、同時に音を着られる
  • 光から目を守り、同時に音を着られる

スポーツ向けとエレガントなルックスの2モデル

   いずれも、プレミアムサングラスとしての性能とワイヤレスイヤホンとしての機能を兼ね備える。一般的なサングラスと見分けのつかないデザインながら、電源をオンにするとスマートフォンとワイヤレス接続し、音楽の再生や通話の着信、音声アシスタントが利用できる。

   紫外線を最大99%遮断するというポリカーボネート製偏光レンズを採用。アウトドアスポーツや日常使いのサングラスとしてのデザインやフィット感を実現した。

   耳の中にイヤホンを挿入したり、ヘッドホンで耳を覆ったりすることのないオープンイヤーデザイン。独自の「Open Ear Audio Technology」と同社史上最小・最薄だというスピーカーシステムを左右のテンプル(つる)に埋め込み、電子パーツが目立ったり装着時の快適性を損なったりしないよう設計。

   スポーツ向けモデル「Bose Frames Tempo」は、TR-90のナイロン素材を採用し、耐久性や柔軟性を備える。カスタムデザインのスプリングヒンジとTPE(熱可塑性エラストマー)製のテンプルチップの採用による安定性を実現。

   程よいグリップ力で、マラソンなどの競技中や水上での使用でもずれ落ちを防ぐ3つの形状のノーズパッドが付属。最大8時間の駆動が可能なバッテリーを内蔵する。

   価格は3万円(税別)。

   オプションレンズは、水や雪などの反射光のまぶしさを軽減するVLT(可視光線透過率)20%のロードオレンジ、明るい太陽の下でのコントラストと精細感を高めるVLT28%のトレイルブルー、夕暮れ時の使用に適するVLT77%のトワイライトイエロー(オンラインストア限定)の3種を用意する。いずれも価格は3600円。

   「Bose Frames Soprano」は、16ミリ・スピーカー×2基を含む全ての電子部品をフレームに内蔵。低音の再現性を大幅に改良したという。キャットアイ風のフレームデザインを採用し、よりエレガントなルックスと快適性を両立した。付属のポゴピンケーブルによる充電で最大5.5時間の連続再生が可能。

   価格は3万円。

   簡単に交換可能だというオプションレンズは、パープルフェードが3600円、ミラード ローズゴールドは4800円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!