2020年 11月 27日 (金)

皮が破裂した「かぼちゃまんじゅう」 廃棄寸前がひと工夫で超かわいくなった

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   和菓子店「菓子処六味庵」(山形県南陽市)の「かぼちゃまんじゅう」。2020年10月から販売している期間限定商品だ。クリーム色の薄皮のまんじゅうには口と目が付いていて、ハロウィーンのカボチャのランタンみたいになっている。ツイッター上で「かわいい!」と話題だ。

   しかし、同店の公式ツイートによると、この商品は実は破棄する予定だった。六味庵の製造担当者に、内幕を聞いた。

  • 柔軟な発想が生んだハロウィーン仕様の「かぼちゃまんじゅう」(画像は菓子処六味庵の提供)
    柔軟な発想が生んだハロウィーン仕様の「かぼちゃまんじゅう」(画像は菓子処六味庵の提供)
  • 柔軟な発想が生んだハロウィーン仕様の「かぼちゃまんじゅう」(画像は菓子処六味庵の提供)

「目を付けてハロウィーン仕様にしてみたら」

   「かぼちゃまんじゅう」は、中のかぼちゃあんがカスタードクリームのように柔らかい点が特徴。とても繊細なまんじゅうで、あんの固さや蒸気の加減で破裂してしまうこともあるそうだ。今回ツイッターに投稿されたまんじゅうは、あんが柔らかすぎ、かつ蒸気が強すぎたため割れてしまったものだった。

   失敗作をどうするか。破棄するしかないのかと悩んでいたところ、広報を務める製造担当者の妻が「目を付けてハロウィーン仕様にしてみたら」とアイデアを出した。割れた部分を口に見立て、黒ゴマで目を付けて販売することに。すると、思いがけずかわいい商品が生まれた。

   1個120円(税込)で販売している。これは、通常の割れていないかぼちゃまんじゅうと同価格だ。今回話題となった「破裂品」は、20年10月27日の販売分で終了する。次はいつお目にかかれるか、分からない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!