2021年 5月 16日 (日)

コロナ禍で「タッチ決済」需要拡大 アメックス「キャッシュレス決済についての意識調査」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

店側も感染リスク抑えたい

   店舗関係者の考えはどうか。現在、タッチ決済可能な端末が導入されてない店舗関係者に導入意向を聞くと、65.8%が導入したいと回答。理由は、多く挙げられた順に「決済にかかる時間が短縮できる(74.5%)」、「お客様との接触機会が少ないので感染リスクを抑えられる(60.2%)」となっている。現金やカードを受け取る側も、接触はできるだけ避けたいようだ。

   また、コロナ禍での会計時に「現金の受け渡しによる感染リスク」を不安に感じる一般生活者は50.9%、店舗関係者は58.3%いたことから、同社は、

「利用者以上にクレジットカードのタッチ決済の速さと衛生面での安全性を高く評価している」

と分析している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!