2020年 11月 27日 (金)

新型コロナ「第3波」不安な飲食店 感染防止に「テラス席」寒い冬の使い方

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルスの感染者が急増し、「第3波」ともいわれる心配な状況になっている。飲食店によっては感染防止のためテラス席を提供するが、外で飲食するには寒さがつらい季節になってきた。

   今後の対応について、二つの店を取材した。

  • 写真は「おおみやストリートテラス@一番街実行委員会」の提供
    写真は「おおみやストリートテラス@一番街実行委員会」の提供
  • 写真は「おおみやストリートテラス@一番街実行委員会」の提供

テラス席設置で売り上げ伸びた

   国土交通省は、感染防止や飲食店の継続支援策として、路上にテラス席などを設置しやすくするため、2020年6月に道路占用許可基準を緩和した。期限は11月30日までとされていたが、21年3月末まで延長となっている。

   9月の国交省調査によると、約420の地方自治体が導入し、許可件数は約240。その約9割が、11月末以降の措置の継続を希望した。今後も継続してテラス席を提供する意向と考えられる。

   一方で、これからは課題となるのは冬の寒さだ。特例措置を用いて、商店街規模で屋外の飲食・販売スペースを用意するプロジェクト「おおみやストリートテラス@一番街」を8月から埼玉県さいたま市で実施している「アーバンデザインセンター大宮」に取材した。担当者は11月11日、冬場の対応について「まだ具体的な寒さ対策は決まっていません」と明かし、こう続けた。

「ヒーターを設置したり、カーテンのような仕切りを利用したりと、基本的には店によって異なります。何か共通してできる対応があればとは思っています」

   緊急事態宣言解除直後の6月、7月に比べて、プロジェクトに参加している「大宮一番街商店街」の店舗の半数以上では8月の売り上げが増加したそうだ。これには、テラス席の設置が寄与している。店側からは、冬以降のテラス席継続を希望する声がほとんどだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!