2020年 11月 26日 (木)

メガネ「お湯」や「ハンドソープ」で洗わないで! レンズ消耗させない正しいお手入れ法

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   新型コロナウイルス感染防止にと、帰宅後に身の回りの物を消毒する人が増えている。手でつけ外しする「メガネ」も、洗ってきれいにするのが望ましい。だがその「洗い方」を誤るとレンズを傷つけ、消耗させてしまうという。

   「岐阜県関市のメガネ専門店 Eyewear shop ami」の公式ツイッターアカウントによれば、熱い「お湯」はNGだが、「水」で洗う分には問題ない。

  • 画像は「岐阜県関市の眼鏡屋 Eyewear shop ami」公式ウェブサイトのスクリーンショット
    画像は「岐阜県関市の眼鏡屋 Eyewear shop ami」公式ウェブサイトのスクリーンショット
  • 画像は「岐阜県関市の眼鏡屋 Eyewear shop ami」公式ウェブサイトのスクリーンショット

「プラスチックレンズ」は60度以上になると膨張

「多くのメガネでは、レンズにブラスチックが使われています。このプラスティックレンズは熱に弱く膨張するのですが、レンズのコーティングはほぼ膨張せず、ついていけないため、ヒビが入ってしまうのです」

   同店の販売スタッフで、公式ツイッターの運営に当たっている担当者は「お湯」で洗ってはいけない理由についてこう答えた。冬場は冷水だと厳しい。ぬるま湯はどうかと聞くと、「ぎりぎりOK」という話だった。

   メガネの総合情報サイト「メガネ・ポータル」を運営する日本医用光学機器工業会の資料によると「プラスチックレンズは60度以上の高温になると急に膨張する性質があり、コート膜にヒビ割れを生じる場合」がある。消毒したいからと言って、高温のお湯をかけて洗ってはいけない。

   水洗いする場合も気を付けるべき点がある。前出の担当者はメガネ専用の洗浄液や、それがない場合は「中性洗剤を薄めた液」を使うことを勧めており、「ハンドソープ(弱酸性)」は控えてほしいという。「ジワジワとレンズのコーティングにダメージを貯蓄させる」ためだ。また洗った後は濡れた状態で放置せず、ティッシュやメガネ拭きですぐに水気を取る。

   担当者によれば、メガネは「できれば毎日洗うのがよい」が、1週間に1回程度でも問題ない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!