2020年 11月 27日 (金)

コロナ「第3波」で初詣はムリか 参拝客密集、安全なお参りに知恵絞る寺社

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   新型コロナウイルスの感染が急拡大している。2020年の終わりが近づく中で心配なのが、大勢が集まる初詣に行けるかだ。

   明治神宮(東京都渋谷区)では、毎年300万人以上の参拝客が正月に訪れる。元日には参道から拝殿にかけて密集する人々の光景が、よくテレビで報じられる。例年であれば大混雑する寺社は、対応できるのか。

  • 参拝者で賑わう浅草寺
    参拝者で賑わう浅草寺
  • 参拝者で賑わう浅草寺

神社本庁がガイドライン公表

   神社本庁では全国の神社に、新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインを示し、対策の実施を呼びかけている。換気を徹底し、人と人の間の距離を1メートル確保しての3密回避はもちろん、「一方通行」での参拝者の誘導、消毒の徹底や手水に使う柄杓の撤去といった対応策が提示されている。

   ただ、2020年11月18日には日本全国の新規感染者数が初めて2000人を超え、第3波の到来と言われている。ガイドラインに則った措置で乗り切れるか。初詣客の多い明治神宮や浅草寺(台東区)などに聞くと、現時点ではいずれも「対応について検討中」とした。

   コロナ禍の今年、混雑の中での参拝事例がある。8月15日の終戦記念日、東京・靖国神社には、例年のように多くの人たちが訪れた。同日付の「BuzzFeed JAPAN」の記事によると、1日で2万4000人が参拝に訪れ、神社側がソーシャルディスタンスを保つように導線を確保するなどの措置を取ったという。そのため、例年以上に長い行列ができたようだ。

   とは言え、初詣客の数は多いところになると百万人単位だ。有効な策はあるだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!