2021年 12月 7日 (火)

レジ袋有料化から5か月、何が変わった 「マイバッグ」へのリアルな意識に迫る

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   全国のスーパーやコンビニエンスストアでプラスチック製レジ袋の有料化が始まって、間もなく5か月が経つ。

   これより前の2020年6月、J-CASTトレンドが「レジ袋が有料化したらコンビニで『エコバッグ』を使うか」を調査したところ、3531票が集まり、「使わない(53.6%)」が僅差で優勢だった。消費者の「マイバッグ利用」の今を知るため、公式ツイッターを使って調査した。

  • レジ袋有料化から5か月…今も「レジ袋」買っていますか?
    レジ袋有料化から5か月…今も「レジ袋」買っていますか?
  • レジ袋有料化から5か月…今も「レジ袋」買っていますか?
    レジ袋有料化から5か月…今も「レジ袋」買っていますか?
  • レジ袋有料化から5か月…今も「レジ袋」買っていますか?
  • レジ袋有料化から5か月…今も「レジ袋」買っていますか?

「マイバッグなくても買い物ためらわない」が最多

   調査は11月17日~24日、次の3問についてリプライやDMを通じて実施。61件の回答を得た。

   まず1について。内訳は、いずれの項目も選ばなかった2人を除き、多い順に「元々習慣づいていた(26人)」、「ついた・ついてきた(23人)」、「つけようと思っていない(7人)」、「ついていない(3人)」。マイバッグ持参の習慣に前向きな答えが、約8割に上った。「ついていない」と答えた人も、「つけようとしているが、忘れてしまう」といったニュアンスだ。

   だが、マイバッグの有無が買い物に与える影響は強くないようだ。2は「全くためらわない・ためらわない(30人)」派が最多で、ほぼ半数だ。次に「少しためらう(13人)」、「ためらう(8人)」となった。どの項目も選ばなかった「その他」回答として「常に持ち歩いているので、忘れようがない」人や、「必要な買い物ならためらわずに買う。モノによってはシール貼ってもらう」と条件によって、ためらうか否かが変わると答える人が10人いた。

   1で、習慣を「つけようと思っていない」と答えた全員が「全くためらわない・ためらわない」としているだけでなく、マイバッグ持参が習慣になっている人たちも「ためらわない」としているのが興味深い。一部、理由もあわせて記述した回答者がおり、レジ袋が「あればあったで役に立ってくれる」から、また「数円だから構わない」などの考えを示した。

   逆に、「少しためらう」、「ためらう」派からは「されど数円」、「もったいない」という声が上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!