2021年 5月 17日 (月)

会社の忘年会中止を喜べない1年生社員 職場で「いつまでも仲良くなれません」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   新型コロナウイルスの影響により、企業の間では忘年会中止ムードが広がっている。東京商工リサーチが2020年11月19日に発表した調査では、1万59社のうち87.8%の企業が忘年会や新年会を開催しないと答えた。忘年会が開催されないのを喜ぶ声も聞かれる。

   一方で、今年の新入社員は入社時から新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務や会食の禁止により同僚や先輩社員と接する機会が少ない人もいる。忘年会がないと、社員同士のコミュニケーションの場がまた1つ消える。社会人1年生はどう受け止めているか、20年4月入社の社員4人に取材した。

  • 例年なら忘年会シーズンになるが
    例年なら忘年会シーズンになるが
  • 例年なら忘年会シーズンになるが

業務上のコミュニケーションはできていても...

   取材に応じた4人の職場は、それぞれ異なるが、いずれも忘年会は開催されない。

   まずは素材メーカーの営業職の男性。基本的に在宅勤務だ。先輩社員に聞く限り、以前と比べてコミュニケーションの機会は減ったと話す。同じ部署のメンバーの「人となり」が分からず、小さな疑問も聞きづらい状況だという。社員同士の飲み会は自粛ムードだ。「職場の人との業務以外の関わりがなく、いつまでも仲良くなれません」と嘆く。忘年会が開催されないことについて、

「職場での宴会を経験しておらず、今後忘年会が再開された時にどう振る舞えばいいのか分からない。後々の人間関係にも響いてくるのではないかと懸念しています」

と不安を漏らした。

   テレビ局で制作に携わる男性は、研修期間中の在宅勤務を経て、現在は毎日出社している。「私の部署は和気あいあいとしていて、先輩や上司とのコミュニケーションはできていると感じます」と語る。ただ5人以上での会食は禁止で、他部署の社員と関わる機会はない。

「先輩社員を見ていると、部外の人とは飲み会で仲良くなったケースが多い。忘年会があればいいのに、と思っています」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!