2021年 3月 5日 (金)

「サイゼリヤ警察」きょうも出動 「サイゼリアじゃない」と指摘し取り締まる

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「5分ほどのパトロールで112件摘発しました」

   サイゼリヤ警察は、日々ツイッターで「サイゼリア」と誤って変換して書き込まれているツイートを探し、該当ツイートに「いいね」を押して間違いを知らせ「摘発」を行うアカウント。20年4月15日の投稿には「サイゼリア・ゼロ」を目指し啓蒙活動中、とある。

   パトロールの前には決まって「只今よりパトロールを開始します」と合図を投稿。その後「5分ほどのパトロールで87件摘発しました」、「5分程のパトロールで112件摘発しました」と、短時間でかなりの数を摘発する。

   取り締まりの目は非常に厳しい。9月23日の投稿では、

「摘発されたくなければ、『サイゼリア』と呟かないことです」

とぴしゃり。

   著名人への「摘発」も容赦ない。20年9月16日には「湘南乃風」のHAN-KUNさんが「サイゼリア」のハッシュタグを付けてサイゼリヤの看板メニュー「ミラノ風ドリア」の画像をツイッターに投稿。その4日後、サイゼリヤ警察に「いいね」されることとなった。

   同アカウントを知るユーザーからの「タレコミ」もあるようだ。20年8月26日には「TRF」のDJ KOOさんが、複数のタレコミによってサイゼリヤ警察に「いいね」を押された。そのほか、人気ユーチューバーの大松絵美さん、20年4月5日には小沢健二さんまでもが「いいね」を押される事態になっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!