2021年 1月 21日 (木)

フェイスシールド「小さな飛沫に効果なし」 「富岳」のデータ覆す?スゴいやつ

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   新型コロナウイルス感染対策に使われる 「フェイスシールド」。ただ豊橋技術科学大学が、スーパーコンピュータ「富岳」によるシミュレーション結果を踏まえて発表した内容によると、フェイスシールドとマウスシールドは、吸い込み飛沫量について「小さな飛沫に対しては効果なし(エアロゾルは防げない)」とある。

   ただ、これから紹介するフェイスシールドなら大丈夫かもしれない。どれも見た目がゴツく、インパクト大。ここまで強力なものを着ければ...。

  • フルフェイスマスク「BLANC」(c) BLANC
    フルフェイスマスク「BLANC」(c) BLANC
  • 凸版印刷とサントリー酒類が開発した「飲食用フェイスシールド」
    凸版印刷とサントリー酒類が開発した「飲食用フェイスシールド」
  • フルフェイスマスク「BLANC」(c) BLANC
  • 凸版印刷とサントリー酒類が開発した「飲食用フェイスシールド」

目元と口元をそれぞれ強力に保護

   まず凸版印刷(東京都千代田区)とサントリー(東京都港区)が開発した「飲食用フェイスシールド」。「富岳」の研究成果を基にしており、設計情報をオープンデータとして12月8日に公開した。3Dプリンターと必要な素材があれば、誰でもこのデータをもとに作製できる。

   目元と口元を一気に覆うのではなく、メガネと、マスクのようなお椀型のシールドに分かれている特徴的な構造だ。発表資料によると、飲食時はワンタッチで口元のシールド部分を開閉できる。

   ツイッターには、素晴らしいと称える声がある一方で「そこまでしてフェイスシールドに拘らなくても......」、「誰がこんなもの付けて飯が食いたい?」という戸惑いも。そもそも3Dプリンターを持っておらず、手に入れるのが難しい人も少なくないようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!