2021年 9月 27日 (月)

初詣「三が日以外」「オンライン」でご利益は 神田明神と出雲大社埼玉分院に聞く

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルスの感染拡大は、初詣にも影響を与える。政府は混雑する時期を避けての参拝を推奨。太宰府天満宮(福岡県太宰府市)や成田山新勝寺(千葉県成田市)など、日本各地の寺社でも分散しての参拝を促すところがある。「オンライン参拝」という試みも生まれた。

   ただ、三が日以外での参拝や、実際に神社へ足を運ばずに行う初詣は「ご利益」に影響があるのかが気になる。J-CASTトレンドは2つの神社に取材した。

  • 分散参拝・オンライン参拝のご利益とは
    分散参拝・オンライン参拝のご利益とは
  • 分散参拝・オンライン参拝のご利益とは

「あくまでも神様に対するご参拝者の心持ち」

   例年多くの初詣客でにぎわう神田明神(東京都千代田区)は、分散参拝を呼びかける。公式サイトでは、1月8日ごろから2月3日にかけてのお参りを求めている。

「三が日じゃなきゃダメだということは、もともとありません」

神田明神の広報担当者は、こう話す。

   神社に共通する考え方として、初詣とは「三が日に参拝すること」を意味しない。

「その年で初めてお参りをすること」

これが初詣だという。神田明神はこの考え方に基づき、三が日に限らない参拝を呼びかけているのだ。

   三が日が過ぎた後のお参りでも縁起が悪いことはなく、ご利益にも変わりはないと担当者は話した。

   年が明ける前、年内に参拝を行う「幸先詣」でもご利益は変わらない。「あくまでも神様に対するご参拝者の心持ちです」とのこと。

「こういう情勢ですし、『こうじゃなきゃダメだ』という神様もいらっしゃいません。おおらかなお気持ちで、分散してお参りいただければと思います」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!