2021年 5月 8日 (土)

大学共通テスト前に新型コロナ感染 受験はできない、では追試どうなる

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型コロナウイルスの感染者が急増する中、大学共通テストの実施日まで残り1か月となった。受験生が試験当日までに新型コロナに感染した場合、追試験は受けられるのか。

   2021年度の大学共通テストには、日程が2つある。21年1月16~17日の「共通テスト(1)」と、1月30~31日の「共通テスト(2)」だ。「共通テスト(2)」は、新型コロナの影響で学業の遅れがあると在籍する学校長に認められた者が対象となる。いずれも追試は実施されるか、調べた。

  • 努力を無駄にはしたくない
    努力を無駄にはしたくない
  • 努力を無駄にはしたくない

試験当日に発熱や咳などの症状が出たら

   大学入試センターの公式サイトで公開されている「受験上の注意」によると、新型コロナウイルスなどの感染症にかかり、試験日に病院や自宅で療養する人は受験ができない。ただし、本人または代理人が受験票に記載されている「問合せ大学」に連絡して申請を行うことで、追試を受けられる。申請には、受験票と医師の診断書が必要になる。

   また、試験の当日に発熱や咳などの症状が出た人については、その旨を申し出るように入試センターは呼びかけている。

   申し出があった場合、医師や看護師が新型コロナウイルス感染症の疑いについて確認する。疑いが認められると追試を申請することになる。また、新型コロナウイルスだけでなく、その他の体調不良や事故、両親の危篤といったやむを得ない事情がある場合にも追試を申請できる。

   共通テスト(1)の追試は1月30~31日に、共通テスト(2)の追試は2月13~14日だ。ただし、追試を受験できなかった場合のさらなる追試は行われない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!