2021年 10月 22日 (金)

カミュの『ペスト』漫画版も人気 宝島社、新潮社、幻冬舎などから出版続く

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   コロナ禍でカミュの名作『ペスト』が注目されている。特に目立つのが、わかりやすい漫画版の出版だ。原作は長編なので、読むのに骨が折れる。手軽に概要を理解したい人にとって、漫画版は大助かりだ。出版各社の競作状態になっている。

  • 『漫画 ペスト』
    『漫画 ペスト』
  • 『漫画 ペスト』

舛添要一氏が解説

   新しいところでは2020年11月末に、幻冬舎から『漫画 ペスト』が出た。作画は石川森彦氏。解説は、フランス留学経験がある舛添要一氏。「フランス語の原本を読み直し、厚労相として新型インフルに対応したときの経験も加味して解説した」とツィートしている。幻冬舎は全国紙にも大きな広告を打つなど力を入れている。

   「感染症はなぜ拡大し、どう終息したのか? 」「不安と不条理を乗り越え、共感と連帯へ進め! 」「難解・ノーベル賞作家の名作を、完全『目に見える』化!」とキャッチが並ぶ。そして「カミュが突きつけた最悪の事態をあなたはどう読むか?」と問いかけている。

   小説『ペスト』は新潮文庫に入っている。その新潮社からも10月に『ペスト 1 (BUNCH COMICS) 』が出ている。イラストは車戸亮太氏が担当している。

   『ペスト』は1950年に邦訳が出版され、69年に新潮文庫で現在のような一冊本として刊行された。先ごろ発表されたヤフーの今年の検索ワードのランキングでは、小説部門で「ペスト」がトップ。新潮社の文庫本は2月以降12回にわたって合計36万4000部を増刷し、累計96刷125万部となっている。活字本の勢いを漫画本にもつなげている格好だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!