2021年 5月 11日 (火)

「推しマンガ」を生放送で熱くPR! ファンが愛を爆発させる「マンガプレゼン大会」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「今、私が1番推しているマンガ」を熱くプレゼンする大会が2020年12月20日、ユーチューブで開催された。漫画のクチコミサービス「マンバ」(東京都千代田区)が17年から毎年12月にリアルイベントとして行っている「マンガプレゼン大会」だ。

   今回、コロナ禍のため「YouTube Live」でプレゼンの様子を配信する、初のオンライン開催となった。6人の発表者が年代やジャンル、掲載媒体が異なる作品の魅力を、ゲストとして招かれたマンガソムリエ・兎来栄寿さんをはじめとした視聴者にぶつけた。

  • プレゼンのために買ったという火消しの衣装と、根付を身に着けて発表に臨んだ、ベストスピーカーの「なかやま」さん
    プレゼンのために買ったという火消しの衣装と、根付を身に着けて発表に臨んだ、ベストスピーカーの「なかやま」さん
  • 建物を壊すことで火を止めていた、江戸時代の火消したち(画像2)
    建物を壊すことで火を止めていた、江戸時代の火消したち(画像2)
  • バーチャル書店員の「Vtuber」も発表者として参加
    バーチャル書店員の「Vtuber」も発表者として参加
  • 「マンガプレゼン大会」のテーマと発表作品
    「マンガプレゼン大会」のテーマと発表作品
  • プレゼンのために買ったという火消しの衣装と、根付を身に着けて発表に臨んだ、ベストスピーカーの「なかやま」さん
  • 建物を壊すことで火を止めていた、江戸時代の火消したち(画像2)
  • バーチャル書店員の「Vtuber」も発表者として参加
  • 「マンガプレゼン大会」のテーマと発表作品

放水で消火活動できない時代の「火消し」の物語

   発表者と発表作品は以下の通り。昨年の大会に続いて一途に同じ作品をアピールする人やバーチャル書店員(Vtuber)、スライドに加えて自身の姿も画面に映し出し、全身を使ったパワフルな発表を行う人など、さまざまな「マンガファン」が5分間であらすじ、好きなキャラクタ-、考察を語った。

1.のれん雛/武蔵野創「灼熱カバディ」
2.コニシ/山本中学「サブスク彼女」
3.紙屋凪/吉田了「吸血鬼の食卓」
4.あうしぃ@カワイイマンガ/大庭直仁「不思議なゆうなぎ」
5.なかやま/坂上暁仁「火消しの鳶」
6.すなわ食堂/近藤信輔「忍者と極道」

   全プレゼン終了後に行われた投票の結果、「ベストスピーカー」に選ばれたのは、昨年に続き二度目の大会参加となった「なかやま」さん。紹介した「火消しの鳶」は、マンガ描きたちが自主出版した本を発表・販売する展示即売会「COMITIA131」(20年2月開催)で発行された60ページの同人誌。木と紙でできた江戸の町を火事から守る「火消し」と、着物の帯から提げる印籠や巾着を、帯に引っ掛けるための留め具「根付」を売る少女の物語だ。

   同作の舞台となる1650年代の江戸はポンプ技術がまだなく、放水による消火活動ができない時代。そこで火消したちは押し寄せる火の海を前にして、防火帯上にある木造家屋を瞬く間に材木に返し、建物を壊すことで火を止めているという(画像2)。なかやまさんは、このスピード感と迫力が魅力だと訴えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!