2021年 1月 23日 (土)

新型コロナで「健康診断」「がん検診」控える 体調不良より「感染が怖い」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル カンパニー(東京都千代田区)は、「健康診断・人間ドック、がん検診に関する意識調査」を実施。2020年11月25日に結果を公表した。

   調査から、新型コロナウイルスの影響を踏まえて健康診断やがん検診の受診を避ける人の割合や、理由などが明らかになった。

  • 健康診断とがん検診の受診の意向
    健康診断とがん検診の受診の意向
  • 健康診断を受診しない理由
    健康診断を受診しない理由
  • 健康診断の受診理由
    健康診断の受診理由
  • 医療機関を受診する必要があった際の行動
    医療機関を受診する必要があった際の行動
  • 岡原伸太郎氏
    岡原伸太郎氏
  • 健康診断とがん検診の受診の意向
  • 健康診断を受診しない理由
  • 健康診断の受診理由
  • 医療機関を受診する必要があった際の行動
  • 岡原伸太郎氏

「コロナの感染リスクがあるから」検診避ける

   調査対象は、全国の20~79歳の男女1万5000人。

   まず、緊急事態宣言が出された20年4月以降の健康診断とがん検診の受診の意向について。4月~6月の期間で健康診断については53.6%が、がん検診は56.9%が「控えたい(控えたかった)」、「やや控えたい(控えたかった)」と回答した。また、2021年度に「控えたい」という人は健康診断(30.7%)とがん検診(33.9%)の両方で3割以上を占めた。

   20年10月末時点で健康診断の未受診者に受診しない理由を尋ねたところ、全体では「コロナの感染リスクがあるから」が最も多かった(26.9%)。今年度は受診せず、来年度受診予定の人(1333人)に限ると、43.1%とさらに割合が上がった。

   一方で、健康診断を今年度受診した、もしくは今年度中に受診予定の人を対象に理由を聞いたところ、54.9%が「これまでも定期的に受けているから(検査を休みたくない)」と回答した。がん検診の受診理由においても同様の傾向がみられた。

   しかし、本調査では20年4月以降、日常生活で体調不良や異常を感じても、36.1%が医療機関への受診を「一時控える(控えた)」あるいは「現在も延期」していることも明らかになった。

   調査は20年10月23日~26日にインターネット上で実施した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!