2021年 3月 4日 (木)

「呪術廻戦」はポスト「鬼滅の刃」か プロが分析「ヒットの秘密」(後編)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

(前編はこちら)

   漫画「呪術廻戦」の人気の秘密を解き明かす、2回シリーズ。後編も前編に続き、漫画のクチコミサービス「マンバ」(東京都千代田区)に聞く。

   「呪術廻戦」はポスト「鬼滅の刃」となるか、プロの目で評価してもらった。

  • 「呪術廻戦」人気のひみつ(画像は「呪術廻戦」公式サイトより)
    「呪術廻戦」人気のひみつ(画像は「呪術廻戦」公式サイトより)
  • 「呪術廻戦」人気のひみつ(画像は「呪術廻戦」公式サイトより)

アニメ放送後に単行本の発行部数が大幅増

――ズバリ、「呪術廻戦」がポスト「鬼滅の刃」となる可能性はあるでしょうか。

マンバ 現在の「鬼滅」のような社会現象・経済効果をもたらす大ヒット作品となる可能性は、十分にあると考えられます。
   まず、呪術廻戦は単行本第1巻が発売された翌週に重版が発表になりました。「鬼滅の刃」の重版の知らせがあったのが、1巻の発売日から約5か月後だったということと比べてみても、呪術廻戦は単行本の売り上げが序盤から非常に好調です。
 次に、鬼滅と同様、アニメ放送後に単行本の発行部数が大きく伸びています。
   「鬼滅の刃」は、19年にアニメが放送開始以降、原作漫画の出版部数が伸張しました。20年12月時点で、累計発行部数が約34倍になったというデータもあります。呪術廻戦もまた、アニメ化決定以降に累計発行部数を伸ばし続け、20年12月にはコミックスシリーズ累計発行部数が1500万部を突破しました。
   「呪術廻戦」のTVアニメシリーズは、現時点で1期2クールでの制作が決定しています。もし今後も映像化が続けば2期以降アニメの物語は、単行本の読者からの評価も高い五条悟(ごじょうさとる)の過去エピソード編に突入するため、1期のアニメを観てファンになった層がアニメの続きのストーリーを楽しむために原作を購入するなど、単行本の売り上げはまだまだ伸びると予想できるでしょう。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!