2021年 10月 18日 (月)

東京の20代コロナ感染者数、累計2万人に近づく 新宿区、港区、渋谷区はリスク高い

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2021年に入って東京都内のコロナ感染者が爆発的に増加、1月7日には2447人を記録した。いったいどこでどのくらい増えているのか。どの年齢層が多いのか。

  • 新宿東口の街並み
    新宿東口の街並み
  • 新宿東口の街並み

緊急事態宣言「一都三県だけでは足りない」

   大手メディアのサイトでは東京新聞の「東京都内の新型コロナ感染状況まとめ」が極めてわかりやすい。毎日更新され、ビジュアル的にも優れている。

   それによると、7日段階で都内の累計感染者数は6万8790人。年代別では20代が最多で1万9466人。感染者全体の約28%を占める。まもなく2万人の大台に乗ることが確実だ。続いて30代の1万4132人。20代と30代で全体の約半数を占める。

   市区町村別では、人口の多い世田谷区がトップだが、区民人口との比較でいうと、新宿区がダントツ。人口34万8452人に対し、感染者は4801人。10万人当たり1377人となり、72人に1人の高率だ。すでに港区も100人に1人を突破、渋谷区も100人に1人に迫る勢い。続くのが中央区で、繁華街を抱える区ほど感染者比率が高いことがはっきりしている。三多摩地区は今のところ、人口比の感染者数が、10万人当たり200~300人台にとどまっているところがほとんどだ。

   7日夕には緊急事態宣言が出されたが、「一都三県だけでは足りない」という声も広がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!