2021年 12月 6日 (月)

加湿器が値上がり、1か月で2万円アップ 冬の乾燥でウイルス活発化の懸念

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   加湿器の価格が高騰している。インターネット掲示板には、12月初めに1万2000円で買った商品が3万円になっているという報告や、「3000円で買ったスチーム式最高」という声に、それが今1万円に値上がりしていると教える人の書き込みが見られる。

   商品レビューサイト「価格.com」で最安値の推移を調べると、20年12月頭と比べて、1万円以上値上がりしている例がある。

  • 加湿器の価格が高騰
    加湿器の価格が高騰
  • 加湿器の価格が高騰

1日で1万円急騰した商品も

   同サイトの「加湿器人気売れ筋ランキング」で1位となっている、象印のスチーム式加湿器「EE-RQ50」の価格推移を調べた。最安値について、20年12月13日時点では1万4800円だったが、年末にかけて値上がり傾向となり、12月31日~1月3日は3万3200円にまで上昇した。直近では1月7日~11日で2万4800円に落ち着いていたが、1月12日にはまた3万4800に高騰している。

   ランキング2位は、ダイニチ工業のハイブリッド式加湿器「ダイニチプラス HD-LX1220(W) 」。20年11月1日は3万4000円だったが少しずつ高騰し、12月8日には一時6万4800円に。以後は4~6万円台を揺れ動き、21年に入ってからは5万8000円前後で微増減を繰り返していた。ただ1月12日には6万7800円に一気に値上がりしている。

   山善のスチーム式加湿器「KS-A254」も似たような動きだ。最安価格の推移を見ると、一か月前の12月13日から21年1月9日まで4378円で一定していたが、1月10日に4380円、その後1月12日には突然7999円に上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!