2021年 9月 28日 (火)

新型コロナワクチン接種は怖い? 「副反応」はインフルエンザでもゼロではない

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

米CDCはアナフィラキシーリスク「非常に低い」

   米国では、20年12月から新型コロナのワクチン接種がスタートしている。

   「ナショナルジオグラフィック」(日本版)は、21年1月8日付の記事で、米疾病対策センター(CDC)が発表した新型コロナのワクチンの副反応でアナフィラキシーが起きる割合を紹介している。これによると、CDCは「米製薬大手ファイザーが独ビオンテックと共同開発したワクチンについて、アナフィラキシー(命にかかわるおそれのある重いアレルギー反応)が起こるリスクは非常に低い」との知見を示した。

   新型コロナのワクチンは、2回接種が推奨されている。1回目の接種を受けた人のデータから、アナフィラキシー反応を示した人の割合は平均すると9万人に1人程度にとどまっていることがわかったとのこと。計算すると、0.001%となる。接種人数はまだ多いとは言えないが、CDCが言うように発生割合は極めて低い。

   米メディア・ブルームバーグは21年1月12日に、

「新型コロナワクチンの接種により、広範囲にわたって被害が出ている兆候はない。米疾病対策センター(CDC)は深刻な副反応が生じる確率を0.001%としている」

と報じている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!