2023年 1月 28日 (土)

コロナのせいで結婚ためらう デートできず同棲にも踏み切れず「気持ち冷めそう」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

在宅勤務になったおかげで会う機会増

   「おかげさまで」と、結婚へ向けて順調に事が運んでいるのは、都内在住の20代女性だ。20年9月に出会って10月に交際し、11月から半同棲。今年2月には同棲を予定している。もともと互いの家が近いこと、恋人が「テレワークOK」の職業のため、女性の家に仕事場を移して生活するようになったことが大きかったという。地方に住んでいる相手の家族には、「先日リモートで挨拶をした」そうだ。

「相手はすごく多忙なので、在宅勤務でなかったら会う機会がなかなかなかったかもしれません。交際前の9月、10月あたりに緊急事態宣言が出ていたら、ここまで短期間で進展していなかったのではと思います。コロナ禍で、さらにタイミングが良かったことに後押しされました」

   この女性には、「2年ほど付き合って、最近結婚した」知り合いがいるそうだ。

   「ガールズちゃんねる」にも、「相手が既にいた人はこれを機に結婚してそうだよね。これから出逢おうとしてる人には難しくて厳しい時代」と分析している人がいる。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!