2021年 3月 4日 (木)

田中将大「楽天復帰」200勝も目前 過去20年は4投手だけ、大記録の「条件」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   田中将大投手が、古巣の東北楽天ゴールデンイーグルスに戻ってくる。球団が2021年1月28日に発表した。田中投手は日米通算で177勝を挙げており、名球会入りの条件でもある200勝の達成も間近だ。

   これまでに200勝を達成した投手26人(日米通算含む)のうち、2000年以降に成し遂げたのは4人だけ。現代は、200勝はハードルが高いようだ。J-CASTトレンドは、野球にも詳しいスポーツライターの小林信也氏に取材、200勝投手になるための「条件」を聞いた。

  • 楽天入りが決まった田中将大投手
    楽天入りが決まった田中将大投手
  • 楽天入りが決まった田中将大投手

減った登板数で負けないこと、打線やリリーフも重要

   まず、なぜ200勝の達成は昔に比べて難しいのか。小林氏によると、現代では投手への負担などを考慮して、ローテーションや投球数に対する意識が高まった。これにより、投手の登板数や完投が減り、勝ち星を挙げられる機会が減少した。

   現代で200勝をする条件に、小林氏は「負けないこと」を挙げる。登板数が減っている以上、負けが続くと勝ち数もおのずと減る。また、ケガなどをせずに「コンスタントに活躍できる」ことも条件とした。

   所属チームの打線の強さも必要だ。加えて「リリーフがしっかりして、自分が降りた後も勝ち星を守ってくれるということも、条件だと思います」。

   また、「昔と違って、今は『豪速球ピッチャー』よりも、技巧派や頭脳派など、バッターとの勝負がうまいピッチャーがたくさん勝てるのではないか」とも。豪腕投手にとって、確かに速球は強みだが、選手寿命が短かったり、けがをしやすい場合があるという。

   高卒でのプロ入りという点も口にした。より長く現役を過ごし、多くの勝ちを稼げる可能性がある。田中投手は、その例に合致する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!