2021年 5月 14日 (金)

「鬼滅の刃ファンブック」転売ヤーもうけさせるな 「在庫あり」の書店複数

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   人気コミック「鬼滅の刃」から、新たなファンブックと画集が2021年2月4日に発売された。ECサイト「アマゾン」やフリマアプリ「メルカリ」では、早くも転売されている。

   「鬼滅の刃」は新刊やグッズが発売されるたびに、転売が横行してきた。しかし今回のファンブック新刊は、「画集と共に山のように」店頭にあった、「普通に何冊も置いてあった」といった報告がツイッターで見られる。

  • 画像は「鬼滅の刃」公式ツイッターアカウントから
    画像は「鬼滅の刃」公式ツイッターアカウントから
  • 画像は「鬼滅の刃」公式ツイッターアカウントから

「普通に本屋で買える」

   今回発売されたのは「鬼滅の刃 公式ファンブック 鬼殺隊見聞録・弐」(以下ファンブック・税込990円)と「鬼滅の刃 吾峠呼世晴画集 幾星霜」(以下画集・税込1650円)。

   品薄状況はどの程度なのか。書籍販売サイト「honto」では、大手書店「ジュンク堂」「文教堂」「丸善」各店舗の在庫を調べられる。5日昼ごろの時点で画集・ファンブックともに東京都内で在庫があったのは「丸善」日本橋店のみだった。

   一方で在庫のある書店も。「TSUTAYA」公式サイトでも、前日の23時59分時点での情報ながら各店の在庫を表示している。それによれば、「SHIBUYA TSUTAYA」「六本木 蔦屋書店」など少なくとも7店舗で在庫が確認できた。確認のため、J-CASTトレンドが5日昼ごろに「SHIBUYA TSUTAYA」に電話で取材したところ、その時点で「在庫はあります」とのことだった。

   「未来屋書店」公式サイトも、都内のほとんどの店舗で在庫があると表示。ほかに品川区や豊島区にある別の書店2か所に電話で問い合わせたところ、いずれも在庫ありだった。

   発売日の4日にはツイッター上で「Amazonでは転売ヤーのせいでプレ値(編注:定価を大きく上回る値段)になってるけど、普通に本屋で買える」「転売ヤーさんから購入しようとしてる皆さん、ぜひ書店へ」といった投稿もみられた。

定価の約1.1倍〜2倍で出品

   転売状況を確認した。メルカリでは2月5日現在、ファンブックが1100円〜2000円、画集が1900円〜3000円(いずれも税込)といった値段で出品されている。アマゾンではファンブックが1700〜3000円、画集が2500〜3000円。定価の約1.1倍〜2倍といった価格帯だ。

   なお20年12月4日に「鬼滅の刃」23巻(税込506円)が発売された時には、メルカリでは1000円〜1600円と、高いものでは定価の3倍以上の価格で出品されていた。またアマゾンの価格の推移を見ることができる非公式ツール「Keepa」によると、発売直後から12月10日ごろまで、7000円以上の転売品まで出ていたようだ。

   単純には比較できないが、今回はそこまでの高騰は起きていないようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!