2021年 6月 25日 (金)

ツイッター離れ 鴻上尚史さんは人気ゆえに傾いたユースホステルを思う

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   週刊SPA!(2月2日号)の「ドン・キホーテのピアス」で、鴻上尚史さんが「ツイッター離れ」のトレンドについて論じている。

   〈もう普通の人はツイッターをやっていない、ツイッターからインスタへという流れがある〉というネットでの情報に、「確かに、僕の周りでも、ツイッターを離れて、インスタグラムに行く人が増えています」と反応した鴻上さん。ツイッターが「ケンカ場」になってしまったからではないか、と分析する。

「140字(ツイートの字数制限=冨永注)では、まともな議論はできないんだということを、この数年間で、みんな、それぞれの経験で知ったと思います」

   当初から実名でつぶやく鴻上さん。はじめは「140字でも、何回も話せば言いたいことは伝わるかもしれない」と思っていたが、やがて、140字は「議論ではなくレッテルを張るのにちょうどいい文字数なんだ」と気付いたそうだ。

「インスタグラムの写真一枚の情報量に比べたら、ツイッターの140字の情報量の貧しさが際立つようになりました。また、140字にそれなりの情報量を入れるためには、文章力という重要なスキルが必要なんだ、ということも分かってきました」
  • 140字の文字制限
    140字の文字制限
  • 140字の文字制限

「ケンカ場」から逃げる

   匿名性に守られ、140字で文句を言うことの快感。「他人の発言にいきなり『アホか』とか...『バカは市ね』なんて言葉で始めると、脳内のアドレナリンが出まくるんじゃないかと、中野信子さん(脳科学者=冨永注)が言うかどうかわかりませんが、感じます」

   鴻上さんはツイッターの現状を、人気ゆえに下火になったユースホステルに例える。

   20世紀初めにドイツで生まれ、鴻上さんが小学生~中学生だった1970年前後から日本でもブームになった宿泊施設。若者に安い宿を提供し、旅先での交流を通じて人間的に成長してもらうシステムだった。バックパッカーの一人旅に憧れた中学生の鴻上さんも、ユースの会員になる。夕食後にミーティングがあり、宿泊者のほぼ全員が歌やゲームに興じた。

「歌が抜群にうまかったり、話し上手だったり、社交的な人が多くいました。が、ユースホステルが盛んになりすぎた結果、さまざまな人が泊まるようになりました...ナンパ目的だったり、自分の話だけをえんえんとしたり、あまり上手くもない歌を一人で歌い続けたりする人が増えてきて、だんだんと楽しさが減ってきました」

   それで、どうなったか。穏やかな旅を楽しみたい人はペンションに流れた。家族経営を中心とする日本のペンション人気は、1980年代からだという。客を逃した形のユースホステルも、本来の落ち着きを取り戻したらしい。

「流行りすぎるということは、そういうことなのかとツイッターを見て思うのです」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!