2021年 6月 12日 (土)

PS5に鬼滅の刃「高額転売」規制できない不思議 だまされて転売ヤーの片棒担ぐ人も

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   PS5やNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)といった人気ゲーム機や、「鬼滅の刃」の限定商品などが、フリマアプリやオークションサイトで高額転売されるケースが後を絶たない。

   人気商品を高値で転売する人を「転売ヤー」と呼ぶが、実は「もうけ話」にだまされて転売ヤーになることもあるようだ。国民生活センターは、「転売ビジネス」に関する相談が増えていると注意喚起している。

  • なくならない高額転売(画像はイメージ)
    なくならない高額転売(画像はイメージ)
  • なくならない高額転売(画像はイメージ)

リスクのない転売ビジネスのはずが

   20年11月に販売されたチョコ菓子「鬼滅の刃マンチョコ」。メルカリでは「おまけのシール」が10万円で転売された。PS5もまた、発売当初はメルカリで「30万」で転売された

   国民生活センターによると、こうした転売ビジネスに関する相談件数は、2015年度は548件だったのに対し、19年度は1411件と2.6倍に増加している。

   寄せられた相談には「『リスクのない転売ビジネス』のはずが、フリマサイトで禁止された無在庫転売だった」、「転売ビジネスのノウハウを借金させられて契約したが、役に立つ内容ではなかった」などがあった。

   同センターは「簡単にもうかる」などの広告や友人からのうまい話をうのみにしない、「リスクなし」、「必ず稼げる」わけではないとし、注意するよう呼びかけている。

   そもそもフリマアプリなどで転売が禁止になれば、こうした問題は解決するのではないか。しかし転売自体は、現状では法律で禁止されていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!