2021年 4月 17日 (土)

PS5「次世代VRシステム」 楽しみだけど思い出す「PS VR」のひどい転売劇

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   人気のゲーム機「プレイステーション5(PS5)」向けの「次世代VR(バーチャルリアリティ)システム」が近い将来、登場する見込みだ。ソニー・インタラクティブエンタテインメントが2021年2月24日に発表した。

   2016年には、PS4用の「プレイステーションVR(PS VR)」を発売している。新型VRシステムに期待は高まるが、人気が出れば出るほど「転売ヤー」のあくどい商売がはびこるのでは、と今からウンザリ気味の向きも。

  • 「プレイステーションVR」公式サイトから
    「プレイステーションVR」公式サイトから
  • 「プレイステーションVR」公式サイトから

1年以上も高額で

   今回発表された「次世代VRシステム」は、PS5へ接続して使うヘッドセット(頭部に装着する機器)だ。16年に発売されたPS VRもプレーヤーの頭部に装着し、PS4本体に接続することで遊べる機器だった。視界にはゲームの映像が広がり、頭を動かした方向に応じて、視界の映像も変化する。360度どこを見回してもゲームの世界が映し出され、実際にその場にいるかのような没入感が得られるものだ。次世代システムは、「これまで以上の没入感」だという。

   まだ開発の途中で、発売は2022年以降。インターネット掲示板やツイッターでは「どうせまた転売屋が買い占める」「絶対転売で買えない」と、転売の横行を心配する声がすでに出ている。

   実はPS VRも「発売当初は転売がひどかった」と振り返るユーザーがいる。品薄や高額での転売がしばらく続いた。

   PS VRの場合、VRのプレーに必要な「プレイステーション カメラ」が同梱されたバージョンの希望小売価格は、税込で5万3978円だった。

   ECサイト「アマゾン」の商品価格の推移を確認できる非公式ツール「Keepa」によると、この同梱版の新品は、発売日の2016年10月13日前後には7万5800円で転売されていた。その後の価格変動を見ていくと、価格が安定して5万4000円を下回るようになったのは17年12月末からだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!