2021年 9月 24日 (金)

タイガー・ウッズ交通事故で選手生命心配も 奇跡の復活果たしたアスリートは多い

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   米男子ゴルフのタイガー・ウッズ選手が、2021年2月23日(現地時間)に自動車で横転事故を起こし、右足に重傷を負った。ウッズ選手の公式ツイッターによると、搬送先の病院で緊急手術を受けた。足の骨には、ねじなどを埋め込んだという。

   ツイッターでは、ウッズ選手の復帰について案じる声も出ている。ただ過去には、大けがや病気から不死鳥のように復活を遂げたスポーツ選手は少なくない。

  • 事故で重傷を負ったタイガー・ウッズ選手(写真:青木紘二/アフロスポーツ)
    事故で重傷を負ったタイガー・ウッズ選手(写真:青木紘二/アフロスポーツ)
  • 事故で重傷を負ったタイガー・ウッズ選手(写真:青木紘二/アフロスポーツ)

「元恋人」も膝の重傷からカムバック

   18年2月10日付のAERA.dotは、読売ジャイアンツで一軍作戦コーチを務める吉村禎章氏を取り上げている。1988年、巨人の外野手として試合中に打球を追って味方選手と激突し、左膝の靭帯3本が断裂するけがを負った。選手生命が危ぶまれたがリハビリを経て復帰し、90年には巨人のリーグ優勝に貢献している。

   1998年の長野冬季オリンピックで、滑走中に転倒し左肩を脱臼した経験のあるアルペンスキーのヘルマン・マイヤー氏は、その後に交通事故に見舞われたが復活を遂げた。

   03年12月22日付の英ガーディアン(電子版)によると、マイヤー氏は01年8月にバイク事故に巻き込まれ、右足切断の危機に直面。手術には7時間を要した。その後回復し、04年のアルペンスキー・ワールドカップ(W杯)で4度目の総合優勝を飾っている。

   ウッズ選手の元恋人として知られるリンゼイ・ボン選手(アルペンスキー)も、けがを乗り越えたひとりだ。2014年1月16日付のAFP通信によると、ボン選手は13年2月の世界選手権と同年12月のW杯で膝に重傷を負い、それぞれ手術を2度受けた。

   その後、14年12月にカナダで開かれたW杯に出場し、女子滑降第2戦で優勝するなど、トップ選手に返り咲いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!