2021年 10月 21日 (木)

iPhone対Androidマウント合戦今も ツイッターとClubhouse巻き込んで

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   米アップルの「アイフォーン」(iPhone)と、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」(Android)を搭載したスマートフォン(スマホ)。言わずと知れたスマホの「2強」だ。

   日本では、後発のアンドロイド搭載機がシェアを増やしていった2010年代前半ごろから、「iPhoneとAndroidのどちらがいいか」をめぐりインターネット上で議論されていた。そして2021年、令和の時代になっても、ツイッター上では使用機種をめぐる「マウント合戦」が終わっていない。

  • 今も続く「iPhone」vs「Android」(画像はイメージ)
    今も続く「iPhone」vs「Android」(画像はイメージ)
  • 今も続く「iPhone」vs「Android」(画像はイメージ)

日本のiPhoneシェアは海外より高い

   iPhoneには「iOS」、Androidのスマホには「Android OS」という基本ソフト(OS)がそれぞれ搭載されている。スマホでiOSを積むのはiPhoneだけなのに対し、Android搭載端末は多種多様だ。

   日本では、iPhoneが高い人気を誇っていた。調査会社カンター・ジャパンが発表した2013年9~11月のスマホ販売シェア調査結果によると、日本はiPhoneが69.1%を占めていた。Androidの30%を圧倒する結果だ。

   それから約7年、シェアの割合には変化が起きつつある。英国にあるカンター・ジャパンの本社KANTARによると、2020年11月時点での日本におけるAndroidの利用率は57.1%で、iOSの40.3%を上回った。

   それでもAndroidの利用率は、中国で86.7%、イタリアでは83.3%、ブラジルでは93.3%と高水準にある。日本ではいかにiPhoneユーザーが多いのかがわかる。

   世界的にみればAndroidユーザーが非常に多い。しかし、ツイッターではなぜか「Androidはダサい」との書き込みが今も見られる。中でも、Androidユーザーがツイッター投稿した際の表示に、こんな嘆きが。

「やっぱり、Twitter for Android は、ダサいと思ってた」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!