2021年 4月 12日 (月)

「ahamo」で使えなくなるドコモサービス大量 「困る?」と聞いたら意外な反応が

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   NTTドコモの携帯電話向け新料金プラン「ahamo」。基本料金は月2970円(税込)と価格面で話題だが、同社公式サイトによると、ahamoでは利用できない既存のドコモのサービスが相当な数に上る。

   ahamoに変更する場合、こうしたサービスは自動廃止となるとのことだ。使い慣れた機能がなくなればさぞ困のではないか。ところがユーザーに取材すると、意外な反応を示した人も――。

  • ブランドや料金プラン、どれにしよう?(写真はイメージ)
    ブランドや料金プラン、どれにしよう?(写真はイメージ)
  • ahamoに変更すると利用できなくなるサービス(画像はドコモ公式サイトから)
    ahamoに変更すると利用できなくなるサービス(画像はドコモ公式サイトから)
  • ブランドや料金プラン、どれにしよう?(写真はイメージ)
  • ahamoに変更すると利用できなくなるサービス(画像はドコモ公式サイトから)

「iモード」も対象

   ahamoで利用できないサービスには、例えば「spモード コンテンツ決済サービス」(以下、spモード決済)や「ドコモメール」がある。spモード決済では、アプリの課金といったコンテンツ利用料を、毎月の携帯料金と一緒に支払える。ドコモメールは、ドコモがユーザーに提供するメールサービスだ。

   以下、利用できなくなるサービスの一例だ。これだけでも結構な数といえよう。

「あんしんパック」
「あんしん遠隔サポート」
「いちおしパック」
「お預かりプラス」
「オプションパック」
「音声入力メール」
「キャッチホン」
「クラウドストレージアプリ配信」
「クラウド容量オプション」
「ケータイお探しサービス スポット契約」
「ケータイお探し代行拒否」
「ケータイデータ お預かりサービス」
「スピードモード」
「つながりホットサポート」

ほかに、「ガラケー」主流の時代にインターネットに接続できるとして一世を風靡した「iモード」も含まれる。現在、新規受付は終了しているが、現役のサービスだ。

   サービスの数は、実に85に上る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!